上毛町で撮った50の写真

th_DSC_7729.jpg
th_DSC_7734.jpg
th_DSC_7745.jpg
th_DSC_7752.jpg
th_DSC_7762.jpg
th_DSC_7782.jpg
th_DSC_7764.jpg
th_DSC_7773.jpg
th_DSC_7784.jpg
th_DSC_7802.jpg
th_DSC_7815.jpg
th_DSC_7826.jpg
th_DSC_7834.jpg
th_DSC_7836.jpg
th_DSC_7843.jpg
th_DSC_7847.jpg
th_DSC_7849.jpg
th_DSC_7861.jpg
th_DSC_7866.jpg
th_DSC_7874.jpg
th_DSC_7881.jpg
th_DSC_7882.jpg
th_DSC_7895.jpg
th_DSC_7905.jpg
th_DSC_7906.jpg
th_DSC_7914.jpg
th_DSC_7917.jpg
th_DSC_7920.jpg
th_DSC_7923.jpg
th_DSC_7925.jpg
th_DSC_7929.jpg
th_DSC_7937.jpg
th_DSC_7942.jpg
th_DSC_7946.jpg
th_DSC_7955.jpg
th_DSC_7967.jpg
th_DSC_7979.jpg
th_DSC_7987.jpg
th_DSC_7998.jpg
th_DSC_8006.jpg
th_DSC_8015.jpg
th_DSC_8027.jpg
th_DSC_8039.jpg
th_DSC_8063.jpg
th_DSC_8219.jpg
th_DSC_8237.jpg
th_IMG_0611.jpg







DSC_8044 のコピー
DSC_8046 のコピー
DSC_8049 のコピー
スポンサーサイト

旅ガール 石井小百合 × 上毛町(こうげまち)

kouge_0217_1 のコピー


編集、撮影をした上毛町フォトマップペーパー「KOUGE」
表紙写真のモデルは「KOUGE」でライターを担当した、旅ガール 石井小百合です。(今日からフィリピンへ旅に行くらしい。)
表紙モデルだけではなく、なかの写真のモデルも彼女。

東京ナイロンガールズの編集長、コヤナギユウさんが彼女のことを「石井氏」って最初に言い始めて、呼びやすかったため東京ナイロンガールズ内では、あっという間に呼び名が「石井氏」に定着。
いしいし。
いし、いし。
ちなみに、東京ナイロンガールズの外では「たらちゃん」っていうあだ名。
由来は、たらこ唇から、とか。

石井氏は、もともと女性ファッション誌の読者モデルとかもやっていて、今回上毛町に一緒に行くっていうことが決まってすぐに、
「撮影しようよ!」
っていう話になった。

で、上毛町に行って、撮影をしたくて堪らない場所に出会って、その施設の委員長さんのご好意で撮影場所として、半日近くお借りしました。


IMG_0872 のコピー のコピー



その場所は、ゆいきらら

「KOUGE」でも触れているのだけれども、ブログのほうでも簡単に説明をすると、
もともとは小学校で、閉校後に交流センターとしてリノベーションして活用されている場所。
ゆいきららは “人と人を結んで、きらきら輝く” という想いから名付けられたとか。
響きも、名前への想いも素敵。

パステル基調のすごく柔らかな空気が流れている ゆいきらら。
撮影場所として利用させて頂いたのは、私たちがなんと初!
らしい。今後、撮影とかにも多くの方たちが利用してくれたら良いな、とゆいきららファンとして思っています。

「KOUGE」では、そんなゆいきららで撮影した石井氏モデル写真を5カット使用。
一発撮りというわけではなく、色々二人で試したりしつつ、他のカットも撮影してきていたりしています。

そのうち自分のホームページにまとめてアップしたいとは思いつつも、その「そのうち」がきっと大分先になりそうな可能性もあるので、とりあえずはブログにアップしておこうと思っての今回。

「KOUGE」に使用した写真も合わせて、アップしていきます。



IMG_0902 のコピー



IMG_0810 のコピー



IMG_0826 のコピー



IMG_0824 のコピー



IMG_0847 のコピー



IMG_0642 のコピー のコピー のコピー



IMG_0637 のコピー




IMG_0530 のコピー のコピー




IMG_0533 のコピー



IMG_0537 のコピー



IMG_0544 のコピー



IMG_1043 のコピー



乙女な表情を見せてくれたり、チョイ悪風になってくれたり、アクティブに動いてくれたり。
石井氏、ありがとうでした!
そして、ゆいきららの委員長 福本さんに、撮影当日、一緒にわいわいしてくれたデザイナーの小室さんにも多謝です。

そして、表紙写真。


IMG_2358 のコピー



こちらはワーキングステイの生活拠点、つまり寝泊まりしていた場所「雁俣庵」の庭にて撮影。

こんな立派で手入れの行き届いた庭が目が覚めたらすぐに視界に入るというのは、すごい贅沢ものでした。
色々とお世話になり、オーナーの吉本ご夫妻や娘さま方に多謝です。



表紙写真はもとはカラーを、後でモノクロにしました。
使用しなかったカットをカラーでアップしちゃいます。



IMG_2349 のコピー



IMG_2359_2 のコピー





最後。
ユウさんと目が合って、笑う石井氏。



IMG_2338 のコピー


IMG_2340 のコピー





石井氏が溢れだしそうな勢いのブログ記事になりました。

今回、キリっとした表情を多く撮影させてもらったのだけれども、普段のくしゃっとした表情の笑顔も良い。
本当、石井氏は普段にこにこしているので、今回の撮影の写真を観て、
「いつもと違う!」とか
「石井氏っぽくない!」
みたいな声を知ると、撮った側としては
うしし、みたいなところがある。

石井氏、おつかれさまでした!





次回からは「上毛町ワーキングステイ」の日誌ブログを最終日まで書き進めていく。

【5日目(11月17日・土)】上毛町ワーキングステイ日誌より  #TNG_KNG

IMG_0175.jpg

■午前■
・雁股庵にて朝食 
・夕飯の支度でオニギリを握る
・小室さん(ユウさんの友人)を迎えに行く
・郵便局へ行くー休み
・セブンイレブンへ行くーヤマト速達利用

IMG_0061.jpg

IMG_0062.jpg

■午後■
・こうげのシゴトの講師 光易さんを囲んで からあげ聖林 にて昼食
 からあげ定食
 メンバー: 光易さん、久保山さん、小室さん、東京ナイロンガールズ
 (コヤナギ・三谷・石井・木下)
・食後、高橋(た・ワーキングステイ)さん、内田さん(高橋さん友人)、高橋さん(高橋さん友人)も加わる
・菓樹にてソフトクリームを食べる
・菓樹のヤギを観に行く ー撮影中 wifiを落とす
・鶴岡八幡宮にてお神楽を見る
 
IMG_0067.jpg

IMG_0089.jpg

IMG_0096.jpg

IMG_0187.jpg

IMG_0194_20121227021043.jpg

IMG_0212.jpg

IMG_0104.jpg

IMG_0127.jpg

IMG_0118.jpg

IMG_0203.jpg

IMG_0309.jpg

IMG_0431.jpg


■夜■
・雁股庵にて焼肉パーティー
 メンバー: 吉本さん娘さん、吉本さん娘さんご友人、森重さん、森重さん奥様、久保山さん、
 小室さん(コヤナギ友人)、高橋さん(た・ワーキングステイ)、内田さん(高橋さん友人)、
 高橋さん(高橋さん友人)、山崎さん(三谷さん友人)、東京ナイロンガールズ(コヤナギ、
 三谷、石井、木下)

IMG_0460.jpg

IMG_0459.jpg

IMG_0468.jpg


■一日の感想■
移動中に仕事の連絡をせざるを得ない状況になってしまったため、wi-fiを雁股庵より持ち出したものの、菓樹のヤギの撮影に夢中になってしまった際に落としてしまう。
東京に仕事で送るものがあり、郵便局に寄ったものの、休みで戸惑う。
急遽、セブンイレブンよりヤマトを利用することにする。
鶴岡八幡宮にてお神楽を見る際に、地元のかたたちからも積極的にお声を掛けて下さったり、暖を取れるように配慮をしてくださった。
全てを見られなかったのは残念ではあったものの、地域に古くから根付いている文化に触れられる良い機会となった。
お神楽に参加する人数が年々減ってきていることにより、時間が短縮されてきているという話も耳にする。この数日の間にも上毛町の人たちより、高齢化問題や、若い人の人数が少ないという話を度々耳にする。
夜は雁股庵にて大人数での焼肉パーティーとなった。
今回、ワーキングステイをしなければ、ご縁がなかったであろう方達とこのような交流をする時間を持てるということに、貴重なご縁を感じた。


■1ヶ月後の補足■
wi-fiは見つかって良かった、の一言に限ります。この件に関して、本当に一緒に探してくれた小室さんに多謝です。
(次の日に見つかったことについては小室さんもブログに書いている。)
撮影時にカバンを持つということは殆どないのもあって、こんなことになったのかな…と振り返って。慣れない行動はするものじゃないです。この機によって、私の落とし物への注意深さはやや増したような気もしています。
お神楽について少し。
古くから日本で舞われているものなので名前は知っていましたが、どのようなものなのか、ということについては、今回見学させていただくまで深く考えることはありませんでした。
お神楽は家内安全・五穀豊穣を願って舞われるものであり、そして上毛町は田んぼや畑が視界に自然と入ってくるような地域です。
上毛町でもお神楽が古くから根付いているというのが、視界からすっと理解が出来たような気がします。
そして、お神楽が時間短縮になった(以前は朝から夜深くまで舞っていた時期もあったという話を伺いました。)理由でもある、住民の減少。
この住民の減少は今回ワーキングステイが行われた理由の一つでもあります。
再びお神楽の参加者の人数が増えていく日が訪れることを楽しみにしています。
また、夜は滞在中、宿泊をさせていただいていた雁股庵にて合計14名で焼肉。
この日の日誌の感想にも書きましたが、ワーキングステイをしていなければ出会っていなかった方たちが殆どの割合を占める夕食でした。
この夕食に限らず、滞在中感じたことは、「顔の見える」直接的関わりが深い町だということです。
田舎というと、都心で育った人などのなかには人とあまり関わらず、ひっそりと生活出来るというイメージをする人もいますが、これは間違えです。(これは上毛町に限ったことではなく。そもそも上毛町を田舎と言って良いのかは自分のなかで微妙なところではあるのですが…)
生活において人との関わりが、都心よりも大切な位置にあるように感じます。
滞在中、多分東京ナイロンガールズのメンバーが言っていた言葉だと思うのですが、
「(田舎は人との関わりが深いから)だから、都会にでてきた時、田舎の人は都会の人は冷たいって感じるのかな」
そのような言葉を呟いていたのが印象に残っています。
でも、本当にそう思えるくらい、あたたかい人が多いです。(都心も冷たくはないぞととも言いたいところだけども、これは別の話になるので省略。)
上毛町ワーキングステイ、人と関わることが好きな人にはとてもオススメです。


【4日目(11月16日・金)】上毛町ワーキングステイ日誌より  #TNG_KNG

IMG_9818.jpg


■午前■
・朝ご飯 ー卵かけご飯
・ゆいきららへ
 メンバー:ユウさん、三谷さん、石井氏、木下
 委員長である 福本さん に案内をして頂いたり、お話を聞かせていただく
 珈琲とパウンドケーキのセットを食べる
・イラストレーター 山崎ひかりちゃん を吉富駅へ迎えに行く

IMG_9814.jpg

IMG_9823.jpg

IMG_9878.jpg

IMG_9840.jpg

IMG_9836.jpg

IMG_9833.jpg

IMG_9849.jpg

IMG_9872.jpg


■午後■

・吉本さんの息子さんの経営している ラーメン 嬉屋にて昼食
 ーとんこつラーメン、餃子
 メンバー:ユウさん、三谷さん、石井氏、山崎さん、木下
・宇佐神宮へ ー祈祷を受ける
・宇佐神宮近くの喫茶店で珈琲を飲む

IMG_9883.jpg

IMG_9894.jpg

IMG_9935.jpg

IMG_9939.jpg

IMG_9954.jpg

IMG_9955.jpg

IMG_9953.jpg

IMG_9962.jpg

IMG_9967.jpg

IMG_9964.jpg

IMG_9970.jpg


■夜■
・上毛町に戻り大平楽にて夕飯の買い出し
・雁股庵の帰り道に鹿とイノシシを見る
・雁股庵にて夕飯 ーカレー
・食後 吉本さんに頂いた梨を食べる

IMG_9990.jpg

IMG_0035.jpg

IMG_0011.jpg


■一日の感想■
上毛町から出て宇佐へ行く。
そう遠くはない場所ではあるものの、県が異なるのもあってか、お店の数や道路の広さ、交通量が異なっていることを感じる。
上毛町に戻り、夜の暗さや交通量の少なさなどを改めて認識する。
ワーキングステイ出発前は、自身の仕事など、自分のことを軸とした生活を過ごすイメージをして上毛町にきたが、車が一台しかないことや、同じ居住空間に来客者が訪れること、慣れない共同生活の部分で、仕事が出来なかったり、自分のやりたいことが出来ないという「個人」ではないところで生じるフラストレーションをやや感じる。
午前中に訪問した ゆいきらら のように廃校になった学校を施設として再利用するという取り組みは他県等でも見てきていたので、珍しいことではないものの、上毛町のなかで今年春にスタートして、今後どのように上手に運営、活用をしていくのかという初期段階の部分を見れたのは良い機会となった。今後どのように展開をしていくのかとても興味深い。


■一ヶ月後の補足■
廃校を地域の活動拠点、または都市とを結ぶ交流拠点施設として活用している「ゆいきらら」については、また東京ナイロンガールズのほうでも触れたいところです。
廃校を活用するという試みは、全国でも行われているので、珍しくはないと思いますが、上毛町の現在からこれからに向けての取り組みを体感しやすい施設でもあるので、上毛町に行ったら絶対に行って欲しい場所でもあります。
ゆいきららは、今年の春にオープンしたばかりで、まだ今後の運営について問題点もいくつか抱えているようで、その問題点の解消に向けて、話合いが行われている段階でした。
ゆいきららに限らず、上毛町が好きで、「良い方向に展開させていきたい」という皆さんの熱意がこの町の地域活性化の動きからとても良く伝わってきます。
ワーキングステイに参加した人たち、皆さんが上毛町から戻ってきても、上毛町と何かしら関わりをもっていけたらと、動いています。
上毛町自体にも魅力が溢れているからこそ、そのような動きが発生しているのだと思いますが、地域活性化に向けて地域の方達がとても熱意をもっているのも少なからず影響しているのではないかと感じています。
また今回、私は「東京ナイロンガールズ」の一人としてワーキングステイに参加をしたのですが、東京ナイロンガールズはそれぞれ異なる仕事をもっている団体です。
そのため、仕事のスケジュールはバラバラ。そんな状況で団体行動なので、多少の不自由さは感じられたのは否めません。そして、何よりも滞在期間中にしか行けない/行えないという場所や行動の魅力には勝てなかったです。(皆が行くところに行かず、仕事をするという選択肢もないことはなかった。)
あわせて、慣れない団体生活の緊張や疲れもこの時期でていた気もします。(これは自分の性格の問題…)
期間が短かったからこそ、特に問題にはならなかったのと、4人という多すぎない人数だったからこそ臨機応変に対応が出来たというところもあったかもしれません。(あと、皆さんが大人だというのも。)
これは同じ仕事を抱えている団体ではなく、本来の仕事や生活がそれぞれ異なっているからこそ感じたところもあったかと思います。
この歳になるとなかなか経験しない団体生活です。勿論、良い点のが多かったです。
協調性や、ほかの人への気配りや思いやりなどについて、改めて見つめ直した気がします。
普段、フリーランスで仕事をしている方、敢えて違う業種のフリーランス仲間とワーキングステイをするのもありかもしれません。笑

【3日目(11月15日・木)】日誌より  #TNG_KNG

リンクや他の方の記事の詳細情報は こちら

NEW→滞在期間中、遊びにいらしたユウさんのお友達の小室さんがブログを更新されました。
   まだ、私のブログでは、小室さんが登場するところまで書けていません。
   一足先に、小室さんのブログを読みたい方は こちら !    


IMG_9306.jpg

■午前■
・ユウさん、三谷さんとゴミ捨て
・そのまま大入貴船神社へ行く
・吉本さん家の畑を見る、椎茸をもぎにいく
・朝食 ー目玉焼き、椎茸のソテー、チムニーパン
・ユウさんとこうげのシゴトへ
・久保山さんといぶきの里へ ーパンフレットや資料などをいただく
・ユウさんと雁股庵に戻る

IMG_9310.jpg

IMG_9315.jpg

IMG_9322_20121222134216.jpg

IMG_9336_20121222134214.jpg

IMG_9356.jpg

IMG_9375.jpg

IMG_9387.jpg

IMG_9422.jpg

IMG_9366.jpg


■午後■
・お茶会の準備
・吉本さんに柿の渋抜きの仕方を教わる
・雁股庵にてお茶会
 メンバー:上毛町長、副町長、大平村川底柿加工施設の皆さん、坂崎さん、久保山さん、森重さん、
 坂崎さん、高橋さん、上田さん、役場の方、吉本さん、吉本さんの奥様、吉本さんの娘さん、東京
 ナイロンガールズ(コヤナギ、三谷、石井、木下)
・吉本さんに柿取りを教えていただく —コヤナギさん、石井さん
・お茶会の片付け
・久保山さんと共に こうげのシゴト へ
・こうげの仕事にて仕事

IMG_9463.jpg

IMG_9485.jpg

IMG_9597.jpg

IMG_9493.jpg

IMG_9501.jpg

IMG_9649.jpg

IMG_9672.jpg

IMG_9769.jpg
IMG_9775.jpg

IMG_9773.jpg

IMG_9713_20121222134536.jpg


■夜■
・久保山さんに夕飯をいただく
・久保山さんと共に有田集落のライブハウスへ
・行く途中で鹿を見る
・巣狩ライブハウスにて焼き鳥やお菓子などを頂きつつ歓談
・ライブハウスのオーナーの方の歌を聴く
・雁股庵にて、コヤナギさんと三谷さんと星空鑑賞

IMG_9788.jpg

IMG_9801.jpg



■一日の感想■
ゴミ捨て場までの距離も東京と比べると決して近いとは言えず、早朝の散歩となった。
そのまま雁股庵の氏神と言える大入貴船神社へ行った際に紅葉が鮮やかで気持ちの良い朝となった。
椎茸もぎは初体験で、新鮮さを感じた。
上毛町にくるまでは椎茸はあまり好きではない野菜だったが、上毛町に着いてからは椎茸を食べるのも一つの楽しみとなってきている。 
椎茸に限らず、今まで自身が食していrた「新鮮な野菜」というものは新鮮ではなかったのだろうということを感じた。水も東京では日常生活で飲まないものの、こちらの井戸水は飲みやすく、積極的に飲めているという変化に自身でも驚く。
有田集落に行き、その集落に住む人たちと関わらせていただいたことで、それまで「集落」というものがどのようなものかというのが不透明だった部分が体感して知ることが出来た。
同じ上毛町でも、集落によって特色があるように感じる。


■1ヶ月後の補足■
東京ナイロンガールズのブログにはそれぞれ椎茸もぎについて書いてあるかと思うのですが、椎茸の栽培は、お世話になった吉本さんが行っていらっしゃるものです。
今回、ご好意で自由にもいで食べて良いと仰って下さり、滞在中、椎茸をもいで、すぐに調理をするというとても贅沢な経験をさせていただきました。
私は椎茸があまり得意なほうではなかったのですが、滞在中、椎茸がとても大好きになりました。(東京に戻ってから、またあまり食べなくなってしまいましたが…)
吉本さん家の椎茸は肉厚があって、エリンギに近かったです。また、くさみとかもなくて、椎茸にも美味しい美味しくないが存在するということを舌で初めて知りました。
椎茸については、まだ書きたいことがあるのですが、他の日に気付いたことなので後日書きます。
午後の「お茶会」は、「柚子ようかん」「柿ようかん」の美味しさを上毛町の町長さん、副町長さんにアピールをしたいという気持ちから、行われました。
当日、町長さん、副町長さんがいらっしゃるということで、全体的にそわそわとした雰囲気が流れていました。
お茶は吉本さんの奥様、娘様が点てて下さいました。
美味しいお茶と、美味しいようかん、勿論、良い組み合わせでした。
ゆくゆく「上毛町の特産品」として、町長さん・副町長さんが柚子/柿ようかんを外に向けてアピールをする機会が訪れたりしたら、このような機会に参加出来た私も嬉しいです。
そして、夜に訪れた「有田集落」は、今後の展開が気になる集落です。
グリーン・ツーリズム(農山漁村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動)を試んでいます。
10戸という小さな集落ですが、だからこそ出来る形もあるのかと思います。
コアに動いていらっしゃる方たちも、ユーモアに溢れていて楽しい人たちなので、こちらもこれからの発展が楽しみです。
ワーキングステイ募集時に参加条件として【「田舎暮らし」や「まちづくり」に興味がある人】と書いてありました。
このように穏やかにかつパワフルに「まちづくり」が始まっている地域だと感じられるので、まちづくりに興味がある人、まちづくりが仕事に関係のある人には特におすすめ出来るのではないかと思います。
また、ワーキングステイ自体も「まちづくり」の一環として行っている企画なので、肩に力を入れなくても良いかと思いますが、その参加者だという意識はどこかしらに持っていた方が良いのかなとも。
そういう点で、東京から持ってきた仕事と、まちづくりの一環として行いたいと掲げていった「フォトマップ」のために必要な行動等、天秤に掛けざるを得ない時は多々あったということは書いておきます。
上毛町を存分に楽しみつつワーキングステイを行いたい場合には、仕事が詰まっている時にはあまり適しているとは言えないかもしれません。

上毛町ワーキングステイの日誌を辿っていく -3日目を書く前に #TNG_KNG

1ヶ月前の今頃、福岡県の上毛町にてワーキングステイをしていました。
気付けば、今年ももう半月もありません。

年内中に、上毛町ワーキングステイの写真整理/ブログ掲載を終わらせたいところです。
滞在中はやっぱり、新しい土地ということで、テンションが上がっていたところもあるのですが、
 
 ☞テンション上がりつつ書いた滞在中のブログ
  ・【1日目】上毛町に到着!  #TNG_KNG
  ・今日の三谷食堂 -1- #TNG_KNG
  ・【2日目-11月14日】柚子羊羹のファンになった日 #TNG_KNG
  ・パラパラと動く石井氏ー 西友枝体験交流センター「ゆいきらら」にて撮影  #TNG_KNG
  ・こうげまちから帰ってきた! #TNG_KNG
  
その時から1ヶ月経った今、落ち着いて振り返って、どういう書き方をしたほうが良いのかなぁとちょっと考えました。
ということで、そのことについても書きたいので、上毛町滞在3日目について書き進めていく前に。
今回だけは少し長いブログを書いておきます。
3日目以降のブログ自体は淡々と更新していきます。





また、上毛町ワーキングステイでお世話になった方たちも続々とワーキングステイのことについてまとめ終わってきています。


ということで、まずは一気にご紹介。

【上毛町サイド】
From KOUGE, to the future.|福岡R不動産を運営するDMXのブログ
ワーキングステイ(上毛町でお試し居住)が終了しました|こうげのシゴト
上毛町で暮らす働く交わる新しいスタイルの検証。|しげるんるんウェブログ~上三毛を歩く~


【ワーキングステイ参加者の方たち】*上毛町の滞在初日のブログにリンクを貼ってあります。
・村上智一さん(グラフィックデザイナー/福岡市)
 ☞こうげの暮らし|Piton ink.
・高橋崇さん(Web デベロッパー/京都府)
 ☞上毛町、初日。|takahashitakashi*log


【上毛町ナイロンガールズ】
「東京」はもう古い? 「上毛町ナイロンガールズ」10月31日より発足、ってドコ!?|東京ナイロンガールズ
上毛町ナイロンガールズって何するの? ワーキングステイとは【#TNG_KNG Vol.02】|東京ナイロンガールズ
着いたよ、上毛町!滞在するおうちは茶室、岩風呂付き。【#TNG_KNG Vol.03】|東京ナイロンガールズ
上毛町フォトマップペーパー制作レポート 東京で準備!編【#TNG_KNG Vol.05】|東京ナイロンガールズ
田舎ノマドを不可能にしているのは思い込み!? 総括・お仕事編【#TNG_KNG Vol.6】|東京ナイロンガールズ
椎茸が「かわいい」干し柿に「ときめく」日常 総括・暮らし編【TNG_KNG Vol.7】|東京ナイロンガールズ
(どうやら vol.4 はお蔵入りされたようです。)


【東京ナイロンガールズ陣】*上毛町の滞在初日のブログにリンクを貼ってあります。
・編集長 コヤナギユウさん
 ☞【表紙】上毛町ワーキングステイ/コヤナギ的田舎ノマドとの付き合い方:避暑地ならぬ避忙地に #TNG_KNG | i live you! (アイ ライブ ユウ)
・小説家 三谷晶子さん
 ☞福岡県上毛町に滞在しているよ。|三谷晶子の日々軽率。
・旅ガール 石井小百合さん
 ☞じょうもうじゃないよ、こうげだよ。上毛町IN!!!|BLOG by Me-ticket♡


【関係者一覧リンク】
上毛町ワーキングステイGOLD。ということで、関係者リンク集&スペシャルサンクス。|三谷晶子の日々軽率。
三谷さんが分かりやすくまとめて下さっていたので、お借りします。
滞在中に遊びに来て下さった方たちの詳細もこちらに。





さて、福岡から帰ってきて1ヶ月。
「結局、福岡には何をしに行っていたの?」
と聞かれることが多いです。

私は、
「人口の少なくなった地域が、今後新しい住民を増やす取り組みの一つとして“ワーキングステイ”を行うことになった。
その第1回目の参加者の一人として行ってきた。」
と答えています。

この「上毛町ワーキングステイ」自体の話についてちょっと書いてから、3日目以降のブログの書き方について記しておきたいな、と思います。





帰ってきてから、上毛町(こうげまち)を見つめ直すと、地域活性化を目指して動き始めている町という印象が強いです。
新しい住民を増やすという目的のもと行うワーキングステイだけではなく、町内で販売しているオリジナル商品のファン(購入者)をいかに増やしていくのか、今ある施設をより有効に活用していくためにどのようにしていけば良いのか…など、多方面に渡って活性化を目標に動いているということも滞在中に知りました。


既に根付いている地域のものを活性化していくと共に、新しい人を町の外から呼び込んでいく。
個人的にはとても理想の形だな、と思いました。
地域の人たちが、活性化に向けて新しいことに挑戦していく姿は、とても活き活きとしていて、関わらせていただいた私も、元気をいただけました。

町が元気になって、町の人も元気になって、新しく人も増えて、更に町全体が元気になっていく。

このサイクルを作っていくための準備段階のところに、今回ワーキングステイとして伺わせてもらったのかな、と思います。





「上毛町ワーキングステイ」は今回限りではなく、来年以降に第2回目を計画中だそうです。

そもそも、新しい住民を増やす取り組みとして、なぜ“ワーキングステイ”を行うのか、というところなのですが。
ざっくり言うと、「お試し居住」のようなもので行おうと思ったのだろうと、解釈しています。



自分の職業を抱えたまま新たな町で生活が出来るのかどうか、
もしくは、今の職業をリタイアして、新たな町で生活をスタートすることが出来るかどうか



今、住んでいる土地から違う土地に移り住みたいと思う時、上のような心配は必ずでてくると思います。

「出来るかどうか、ちょっと良かったら試しに1ヶ月くらいやってみない?」と町側から開いたお誘いの形になったのが、“上毛町ワーキングステイ”です。(多分…)


ワーキングステイをして、
「生活出来る! 生活をこの町でしたい!」
そのように感じて、実際に移り住む人が増えて欲しい。
きっと、そういう試みです。


また、第1回目を行ったなかで、移住をする人だけではなく、長期/中期滞在者の人を迎える形のワーキングステイも良いのではないか、という話も少しでていました。
二拠点居住の1ヶ所としてだったり、2〜3ヶ月くらいの滞在だったり。

このあたりは実現になるのかは今後の動きに注目!ですが、


とりあえず、「上毛町ワーキングステイ」にこれから新たに行く人がでてくることは確定なので

第2回、第3回とワーキングステイの募集がでて、

「上毛町ワーキングステイ」は、どういうものなのか

と関心を持った人がネットで検索した際に、
ワーキングステイ中はこういう生活になるという、ちょっとした参考やシュミレーションの一つになれば良いなと思って、書いていこうかと思います。
(勿論、職業などによって滞在中の生活スタイルも変わってくるかと思います。)





とは言っても、1ヶ月前のことをさも先日のことのように書けるような人間ではないので…
「上毛町ワーキングステイ」を企画した福岡R不動産側から出ていた課題があったので、そちらを活用したいと思います。

課題というのは、
【日誌を書くこと】。


日誌の内容は、
・午前/午後/夜にそれぞれしたこと(訪問した場所/会った人/過ごし方/食事をした場所)
・一日の感想

滞在中の一日一日を、

行動に関しては感情論抜きの行動そのままを箇条書きで記録
一日の感想についても、そのまま素直に思ったことを記録

したので、こちらをこのまま公開しつつ、その日に撮った写真をペチペチと貼って、必要がありそうだったら補足も入れつつ進めていきます。




既にブログに書いた1、2日目と日誌の内容はさほど変わらないのですが、一応、日誌も貼っておきます。




【1日目(11月13日・火)】
【1日目】上毛町に到着!  #TNG_KNG

IMG_8845_20121218072753.jpg


■午前■
・東京ナイロンガールズのメンバーの一人、石井小百合さんと共に成田空港から福岡空港へ
・福岡空港駅から鈍行列車を利用して吉富駅へ。途中、西小倉駅にて各駅停車を利用して旅行をしている年輩の方達に出会う。 ー上毛町に行くという話をする。


■午後■
・上毛町に到着 —ユウさん、三谷さんが車にてお迎え
・菓樹(かじゅ)にてスープカレー(野菜ともち豚チャーシュー) —食後にケーキセット
・菓樹の敷地内にいるヤギを撮影
・イオン(夕飯などの買い出し)
・大平楽(野菜などの買い出し)


■夜■
・三谷さんの手料理 —もぎたての新鮮な椎茸を食して感動
・オーナー 吉本さんがご挨拶にきて下さった
 なし、柿、完熟柿をいただく
・久保山さんが夕飯を食べにくる
・PC作業(東京からの仕事)


■一日の感想■
初日ということもあり、買い出しなど生活まわりに関する場所へ行きました。
と言っても土地感はまだゼロの土地、ユウさんの運転に頼りっきりです。

のちのち運転することになるだろうと道を覚えようとしつつの後部座席。
道はそこまで入り組んでいないので、運転しやすいかな?
ただ、雁股庵まで行く途中の山道は落ちたりしないかちょっとドキドキです。

上毛町に住んでいる方にも会いました。
先に滞在している二人から上毛町の方達はとても優しくてユニークだというお話を聞いて、これからの上毛町での生活がとても楽しみです。


■1ヶ月後の補足■
初日だったからか、一日の感想が丁寧語です。
2日目から、口調からです・ますが消えます…
雁股庵はワーキングステイをした場所の名前、大平楽は現地産の野菜などが売っているスーパーみたいなところです。
久保山さんは、「こうげのシゴト」の職員の方です。





【2日目(11月14日・水)】
【2日目-11月14日】柚子羊羹のファンになった日 #TNG_KNG

IMG_8963.jpg

■午前■
・三谷さん手料理 —おかゆ
・大平村川底柿加工施設に向かうために、一度こうげのシゴトに寄る
・大平村川底柿加工施設へ
 メンバー:久保山さん、東京ナイロンガールズ(コヤナギ、三谷、石井、木下) 
 柿羊羹、柚子羊羹を試食、柿をご馳走になる
 加工作業様子を見学、撮影をさせていただく
・こうげのシゴトでPC作業(東京からの仕事)


■午後■
・こうげのシゴトにて 米粉パンとジャム を試食
・こうげのシゴトにて 上毛町フォトマップに載せたい気になる施設や情報を集める
・道の駅 遺跡前へ 
 メンバー:久保山さん、高橋さん、東京ナイロンガールズ(石井)
 上毛町産の商品や食べ物を見る
 からあげ聖林の「かたかわ」を1本食べる
 大平村川底柿加工施設の柚子羊羹を自分用とお土産用を合わせて計6本購入
・そのまま徒歩で 大ノ瀬官衙遺跡 へ -寒いため、長いこと留まらず
・車で こうげのシゴト へ戻り、昼食 ー三谷さんの手料理(肉じゃが、オニギリ、椎茸のソテー)
・こうげのシゴト でPC作業(東京からの仕事)
・面工房 (松本さん宅)へ ー能面を鑑賞、作業場を見させていただく 
 メンバー:中野さん、久保山さん、 坂崎さん、高橋さん、蝦沢さん、松村さん、東京ナイロンガールズ(コヤナギ、三谷、石井、木下)
・体調の悪い石井氏を三谷さんと共に 雁股庵に送る
・こうげのシゴト でPC作業(東京からの仕事)


■夜■
・ 雁股庵へ帰宅後 夕飯 ー三谷さん 手料理 リゾット 豚じゃが 椎茸のソテー
・昨日、いただいた完熟柿を食べる
・上毛町産のゆずで作られたジャムと炭酸水を割って飲む
・ブログを書く


■一日の感想■
柚子羊羹の美味しさにとにかく驚いた日だった。しかも、値段が安い。
虎屋も目をつけた商品だということに納得が出来た。自分自身へのお土産、そしてお世話になっている方へのお土産に6本購入をした。SNSにても柚子羊羹について発信したところ、関心を示して購入をしたいと言う友人もいたほどだった。 
今回のワーキングステイの取り組みの具体的な目的や、今後こうげのシゴトがどのような働きをしたいのかという考えについても触れることの出来た日であった。柚子羊羹もその取り組みの一つの項目として入っていると聞き、より多くの人に柚子羊羹の美味しさを知ってもらいたいと感じられた。
雁股庵の電波環境が良くないということもあり、こうげのシゴトにPC作業をしに行かなければならないという時間のロスはあるものの、こうげのシゴトがワーキングステイの人たちの一つの拠点となっていて、私のように短期間の滞在でも多くの人と顔を合わせられる場があるということに安心感と楽しさを感じた。


■1ヶ月後の補足■
この日の夜に、 今日の三谷食堂 -1- #TNG_KNG を書いています。
感想にも書いてあるように、電波環境が良くない 雁股庵だったのですが、日中が移動も多いということで、夜にブログを書いたようです。
更新時間を見たら、2時過ぎでした…
写真がアップされるまでの時間がとてもゆっくりだったのを覚えています。
そして、私は次第にブログを書くことを諦めていきます。
また、柚子羊羹は、今でも好きです。(もう食べ終わり&配り終わりましたが)
電話発注を年内にしようかなって考えているくらいです。
年内に公開なるかはまだ定かではないですが、東京ナイロンガールズで上毛町のフォトマップを作るという目的もありました。
それもあって、上毛町内の魅力的なものや場所をこのあと、連日案内していただくようになります。
あと、東京からの仕事。
予定として上毛町でやっておきたかったことが終わらず、上毛町に帰ってから少しの間、大変でした。





というのも次の日の3日目、東京での仕事をするのを諦めていきます。
段々と仕事をする時間が減っていきます。
滞在期間中、上毛町を存分に楽しめたのと、無事に東京に戻ってから仕事が終わったので、良しとするのですが、
仕事もしっかり出来て、かつ滞在期間中、上毛町自体を楽しむためには、が大事だと思うのでそこらへんの話を補足しつつ進めていきたいと思います。

こうげまちから帰ってきた! #TNG_KNG

IMG_2855.jpg


11日間の上毛町(こうげまち)ワーキングステイ。

行く前までは、東京での忙しさからちょっと離れてのんびり出来るかな、なんて思っていたのですが
慌ただしく、あっっっっという間に東京に戻ってきてしまいました。

毎日、時間が足りないくらいで上毛町での出来事についてその日のうちにブログに書けなかった。
写真もたくさん撮影して、全部整理が出来ていない状況…


この11日間、東京では体験出来ないことを多く経験させていただきました。

それは自然が豊かだったから、というだけでは収まらない話です。
上毛町に住む方たち、上毛町で出会った方たちがいたからこそ。
本当にお世話になりました & 有り難うございました!!


そして、今回参加させていただいた上毛町ワーキングステイの取り組みは第1回目ということで、来年以降も今回の経験と反省を活かして、バージョンアップをして(!!)続くみたいです。
このワーキングステイのような新たな試みのほかにも、今ある上毛町の良さを活かした地域活性化に町全体が意識をもって取り組み始めている段階で、これからの展開発展がすごく楽しみな町。

その一部を紹介出来るように上毛町フォトマップペーパー作り、東京に戻ってからも完成に向けて制作が続きます。
第2回目のワーキングステイ募集時の際に、もっと多くの人が上毛町に関心を向けられるきっかけの一つになれたら良いな。


それに合わせて写真の整理をしつつ、備忘録がてらまだ書いていない3日目から11日目までのことをブログのほうにも、ちょこちょこ書き進めていきたいところ。




来週からまた東京での撮影生活です。
楽しみな撮影が続く!


また、年内にワークショップが開催されます。
☞2012年12月2日(日) 「森下アートパレット2012」
 「たかばしフォトマップペーパー作り」

下町と写真と地図が好きな方、どうぞお気軽にご参加下さい♡

パラパラと動く石井氏ー 西友枝体験交流センター「ゆいきらら」にて撮影  #TNG_KNG

IMG_1171 のコピー
IMG_1178 のコピー
IMG_1181 2 のコピー
IMG_1182 のコピー
IMG_1185 のコピー
IMG_1189 のコピー
IMG_1193 のコピー
IMG_1195 のコピー
IMG_1197 のコピー
IMG_1200 のコピー
IMG_1204 のコピー
IMG_1208 のコピー
IMG_1213 のコピー
IMG_1216 のコピー
IMG_1219 のコピー
IMG_1220 のコピー
IMG_1223 のコピー
IMG_1225 のコピー
IMG_1226 のコピー
IMG_1228 のコピー
IMG_1230 のコピー


旧小学校をリノベーションして地域の活動拠点や都市とを結ぶ交流拠点施設として活用している 
西友枝体験交流センター「ゆいきらら」  
にて、石井小百合ちゃんを被写体に撮影。

撮影終了後、着替えや休憩に利用させて頂いていた元教室の黒板を使って遊ぶ。



IMG_0882 のコピー

パステルな配色が可愛い「ゆいきらら」。
小学校だった時からこの配色だとか!

快くお貸しして下さった、ゆいきららの委員長 福本さん
寒いなか頑張ってくれた、石井氏
ありがとうございました♡

【2日目-11月14日】柚子羊羹のファンになった日 #TNG_KNG

IMG_8909.jpg


上毛町滞在2日目、11月14日のこと。

IMG_8962.jpg
IMG_8977.jpg
IMG_8959.jpg
IMG_8943.jpg
IMG_9019.jpg
IMG_9003.jpg
IMG_9007.jpg
IMG_8956.jpg

大平村川底柿加工施設に見学へ。
こちらは、柿羊羹と柚子羊羹を製造している場所。

共に初めて食べるものたち。
柿羊羹は甘さ控えめ、柚子羊羹は柚子の風味が強い!

両方とも美味しかったけれども、私としては特に柚子羊羹が好み!
既にお土産としても購入済み。

上毛町な方のお話曰く、若い頃は柚子羊羹のが好きだったのだけれども、年を重ねていくにつれて柿羊羹のが好きになっていくとか…?!


IMG_9108.jpg

その後、「道の駅」へ行く。
地元産のツガニを発見!

ちなみにお値段、一袋2,000円でした。


IMG_9150.jpg
IMG_9153.jpg
IMG_9161.jpg

「道の駅」の向かいには、大ノ瀬官衙遺跡があった。
小百合ちゃんは、遺跡に行くとよく寝っ転がるらしい。
遺跡を出る時に古代人からのメッセージを受け取る。


IMG_9275.jpg
IMG_9220.jpg
IMG_9259.jpg
IMG_9250.jpg
IMG_9253.jpg
IMG_9247.jpg
IMG_9236.jpg
IMG_9226.jpg
IMG_9266.jpg

2日目の最後に伺ったのは、能面を作る方のご自宅兼作業場。
地元にて展覧会も開催されたりと、発表にも力を入れている様子。
ご自宅に伺った際、能面がいくつも並べられていて、その眺めは迫力がありました。
また、能面について丁寧に説明もして下さって、能面についての知識が増えました!
奥の深い世界なのだなぁ。
最後の写真で面をつけているのは、上毛町ワーキングステイ2組目の職業 コーダー の高橋さん。
このお面は目からも鼻からも見える作りになっているということで、それを実際に確かめている様子です。

今日の三谷食堂 -1- #TNG_KNG

IMG_8917.jpg
IMG_8921.jpg
IMG_8924.jpg
IMG_8922.jpg

小説家の三谷晶子さんが上毛町にてお世話になっている方たちから頂いた新鮮な食材や、上毛町産の野菜を使って、美味しい食事を作って下さっています。

食材を余すことなく使うってこういうことなんだな、と毎回感心せざるを得ません。
そして、食材を下さっている方達や三谷さんに感謝しっぱなしです。

美味しい食事でお腹を満たして、東京からの仕事もしつつ、上毛町について見てまわっています。

IMG_9290.jpg
IMG_9294.jpg 

手作りのゆずジャムと炭酸水で割った柚子ソーダーも美味しい。

すっかり上毛町ナイロンガールズのママとなった三谷さん。
立派な食材たちを存分に活かしてくれている三谷ママの料理写真も毎回記録をしています。
こちらはこちらで
【今日の三谷食堂】
としてご紹介します。



-1日目 夜-

IMG_8902_20121115014834.jpg
IMG_8903.jpg
IMG_8901.jpg

先にワーキングステイを開始している方たちや、三谷さん、編集長 ユウさんたちより
「椎茸がすごく美味しい!」
という話を聞いていての、初日の夜。

早速、椎茸の登場!

今まで、椎茸に美味しいのランクがあったということはなく、椎茸は椎茸だったのですが、本当に美味しい!
食感、味も含めて椎茸というよりもエリンギに近いです。
椎茸なんですが。

すっかり上毛町椎茸のファンになっています。
食卓に椎茸が登場すると嬉しいくらいです。


-2日目 朝-

IMG_8912.jpg

旅ガール 石井氏の希望でリゾット!
上に乗っている万能ネギは現在住ませていただいている家でとれるものです。
調理前にとってきたという新鮮さ!


-2日目 夜-

IMG_9282.jpg
IMG_9285.jpg
IMG_9283_20121115021110.jpg


食事のスタートが全員一緒ではなかったので、ちょっと食べ途中な写真。
ご飯物はリゾットではなく、おじや。
石井氏がご飯を炊く際に水の量を多くいれてしまい、ちょっと水っぽいご飯が出来てしまったというミニミニ事件が発生したものの、美味しいおじやに変身しました。


ご飯だけでなく、今日2日目の出来事についても書きたいところなのだけれども、上毛町ナイロンガールズの朝は早い。
今日のことについては、明日中に書けたら良いな、と思いつつオヤスミなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。