六本木で遊ぶ

平成21年度 五美大@国立新美術館

_MG_6907.jpg


_MG_6911.jpg

去年は自分が出品側だったから見方が違ったのかも?
なんだか“子ども心”のある作品達にワクワクした。
のと、大学生の葛藤がすごく伝わってきた。

去年の自分もそうだったのかなぁ、とか。
1年の振り返り。

作品数の多さもあって展示を観るスピードの差がよく分かる、という出来事発生。


その後は

医学と芸術展@森美術館


_MG_6917.jpg

今月末まで、ということでギリギリ。
“面白い”という評判をいっぱい聞いていたので
わくわくしながら。
期待裏切らず。
行って良かった!

ただ解剖学系が駄目な人には合わなさそうな展示。

ちなみに私が一番感動したのは

人体標本。
本物の脳、血管、骨etc。
家に置きたい、にはならないけれども
また見たい。



そして

_MG_6937.jpg

有料になってからは行っていなかったのだけれども
ノリで「行こう!」
となり久々にスカイデッキ。
思っていたよりも寒くなく。

やっぱりここからの景色は好きだなぁと思う。
シティービューより高くて、何より窓がなくて風を感じられる◎

ただ、今日は単焦点レンズのみだったもので広角な写真は撮れず、が個人的にはちょっと残念だったり。

スポンサーサイト

ふたちぼっち

ピクチャ 2

ぽつん、な光景なんだけれども

なんだか

微笑ましかった。

ROW-off shots

Vo.Gt.のタクさんとGt.のノブさんに日頃お世話になっているので、
オフ写真、「あ、」と一番最初に思ったのは

row30_nk.jpg

この一枚。

日頃お世話になっているから背中で表情が分かってしまう、という個人的なところで。



こういう関係って良いな、とすっごく思った一日。
普段、個人活動だからきっと尚更。

row1_nk.jpg



Ba.のババさん、Dr.のケンユウさんは初めまして。
お二方も優しくて良い方達でした。



row9_nk.jpg

row10_nk.jpg

row38_nk.jpg

row33_nk.jpg


楽しい撮影でした◎


たまには外側を

_MG_6885.jpg
タイミング良く水上バス。

編集作業中

row2.jpg

オフ的な写真はそのうちアップ、出来たら良いなぁ。
それよりも、その前に、メインの編集作業を!な今。

本日、バンド“ROW”@スタジオを撮影。

楽しく撮りすぎてすごい枚数に。


拉麺

PICT0002_20100215220726.jpg

食べ物はハリデジ、性に合わないよね。
でも美味しかったよ。

ひびくことのは



Be careful of your thoughts, for your thoughts become your words;
Be careful of your words, for your words become your deeds;
Be careful of your deeds, for your deeds become your habits;
Be careful of your habits; for your habits become your character;
Be careful of your character, for your character becomes your destiny.



*



思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

2010.2.12 ギャラリー巡り

自転車でギャラリー巡りをしました。





_MG_0458.jpg

”Double START”off-Nibroll展@深川東京モダン館

最初、ここだ!というポイントを見つけるまで映像に出来る自分の影と一人で闘い。

暗いところで観る映像と
適度な照明で観る写真

一緒に展示は難しいことを勉強。







_MG_0461.jpg

永山真策展 「portrait」@GALLERY MoMo(両国)

六本木のモモさんには何度か足を運んだことがあるけれども両国は初めて。

すごーく良い空間でした。

作品も「絵画!」という感じで久し振りな感覚。
(分かる人にしか分からない説明の仕方;)







_MG_0464.jpg




そして隅田川を越える。



_MG_0467.jpg



越える。




_MG_0468.jpg



こんにちは、台東区。
、この看板のハゲ方は故意?











ギャラリー最終目的地点。


_MG_0472.jpg



舩木大輔 “アートによるアポトーシス”展@ MAKII MASARU FINE ARTS


私は舩木さんの作品、好きなので
楽しみにしていたのです。

上記の写真の作品はDMの時点でずっと観たかったり。

「アーティスト」という職業の仕事をきっちり行っているからこそ生まれる作品達、
な感じがして惚れ惚れです。

いつか手元に置きたい作品。



舩木さん自身在廊していたので
久し振りにお話も。

GEISAIの300万円な作品の人もいました。


狭い世界。
というよりもきっとGEISAI作家群の繋がり?


現代アートメインの作家さん方と会ったのが久し振り、だったので
話す内容も久し振りな。





そして
2Fでは同時期開催で
兵頭喜貴 模造人体シリーズ第4弾「新・金剛寺ハルナとその姉妹」。

これもまた衝撃、面白かった!
くるくる観ていたら
「あれ?」
と思う写真作品。

キャプションを観たらやっぱり大西みつぐさんの作品でした。
1階に下りて
「大西さんの作品が!」
なんてマキイさんの方達に話していたらびっくりなタイミングで大西さん自身とも会ったり。
ちょびっと業務連絡。

こういう“タイミング”は結構あるというのが、不思議。

帰りは
舩木さん、マキイさんスタッフさん方に見送られる。
ギャラリーなのに、つい
「お邪魔致しました。」
と言ってしまう私。



そんなギャラリー巡りな日中。


「アルツハイム」ウチヤマユウジ

アルツハイム [DVD]アルツハイム [DVD]
(2005/08/26)
ウチヤマユウジ

商品詳細を見る


作画から声優まで一貫してワンマンで行うクリエイター ウチヤマユウジによる短編アニメ集。
アルツハイム公式サイト




オチのないオチになっていて細かい。

お気に入りは「ビート板」。


変わらず

PICT0006_20100207231740.jpg

な風景であって欲しい。

自分たちの見てきた景色を次世代の子たちは知らない、

街の変化について考える。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。