雪の降る夜

IMG_4437 のコピー

IMG_4446 のコピー

IMG_4485 のコピー

IMG_4486 のコピー


「線量が高くなっているので、注意をして下さい。」

なんていうツイートをtwitterで見掛けて、撮りに行くのどうしようかなぁ
とか思いつつも
結局マスクを2重にしてカメラを持ってふらりと家を出た。


IMG_4454.jpg


皆、自分の足跡をつけたいんだろうね。



スポンサーサイト

ロボジーと国士無双

六本木へ。

映画「ロボジー」と
Zen Foto Galleryにて山縣 勉さんの写真展「国士無双」を鑑賞した。

「ロボジー」はおじいちゃんっ子なのもあって上映開始暫くは

「おじいちゃんが映画で主演になっている!」

とか、スクリーン上でスポットライトを充てられているおじいちゃんを見つめつつ、わけも分からず(だって、おじいちゃんと言っているけれども、当たり前な事に会ったこともない他人)涙が出てきてしまった。
が、そんなのは最初のうちだけで、作品に引き込まれて声を出して笑っていた。

鑑賞者、皆が声を出して笑っていて、それってリラックスをして楽しんでいたという事なのだろう。

上映期間がスタートして間もない作品なので、ネタばれは控えて。
老若男女、大勢の方が楽しめる映画作品でオススメ。
家族で観にきているという方たちも見掛けたくらい。


山縣勉さんの写真展は、観ながら鬼海弘雄さんの作品を思い出していた。
山縣さんご本人が書かれた文にも鬼海弘雄さんのことが触れられていた。

違うものを感じて、上野の公園に訪れる方達を撮影されたという事ではあるけれども、鬼海弘雄さんの写真の強さを感じてしまった。

その強さの部分に、被写体との「距離」が関係しているような気がした。




IMG_4398.jpg

IMG_4396.jpg

ふらりと見つけて気になった場所。
六本木農園

大切な人の手。

securedownload.jpeg


大切な言葉は本人に直接伝えれば良いし、自分が分かっていれば良いから写真だけ投下。





初詣

IMG_3028.jpg
IMG_3031_20120103050711.jpg
IMG_3026_20120103050904.jpg

達磨を購入。
今年の頑張るぞを込めて目を一つ書いた。

生活では大分新年らしさが抜けてきている2012年も仕事好きでスタート。

殆ど写真メインのブログだけれども、たまには長文の日記も書いていきたいな、と思う今。
140字が「基準」になってしまうのは怖いと感じている。

それでも、私にとって自分の感じた事を言葉でアウトプットするのが最終ではないので。
備忘録程度の文章になってしまうのでしょう。

月に1度くらいその月の振り返り、立ち止まって次の月へと歩んでいく準備が出来たら良いな。

2012

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg

旧年中は大変お世話になりました。
今年も宜しくお願い致します。

新年を迎えるとどうしても、
「今年は○○やりたい」、「××やりたい」
なんていう思いばかり膨らんでしまうのですが。

今年は近くにあるものから一つずつ!


皆さんにとって2012年が素敵な1年になりますように◎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。