六本木アート 2013 に行った

DSC_1717.jpg

六本木アートナイト 2013 に行った。

去年、ゲットした草間彌生マフラーをして行けば良かったなぁーという話題が、帰る間際にでた。
している人、見掛けなかった。
来年はして行こうと思う。(覚えていたら)

ディレクターが変わると同じイベントでもこうも変わるのかぁっていうのが今回、一番最初に思ったこと。


そして
「アートナイトにきてワイワイしている人たちは、アートを理解しているのか?」
みたいな話が毎回出るし、今回もやっぱり出たのだけれども、理解していなくても良いんじゃないのかなと思ったのも今年の感想。


桜も咲いて、皆楽しそうにしていて、それでまずは良いんじゃないのかなと。
「楽しい夜を過ごしたね〜」ってな具合で。

それで、その時間のなかで自分の中で新しい発見を1つでもして帰れたら、ラッキーなのではと。

何かを持って帰れるかどうかはディレクターと作家の力量にも関係はあるとも思ったり。
ホワイトキューブではない場所での難しさをちょっと見た。

ホワイトキューブは、やっぱり作品のための空間だもの。


で、アートナイトはそんなホワイトキューブである美術館が無料で入れたり、安く入れたりで、
普段行かない人が
「入っちゃおうか?」
みたいなノリで入ってみて、
「意外と良かったからまた美術館に行く機会作ってみよっか」
みたいな流れになったら、そこで、アートの世界にようこそ!
なんじゃないのかな、と。


とりあえず、「アート」という響きに魅力を感じて遊びにきた人たちなのだから、そうカリカリしなくて良いのでは…なーんて思ったわけでした。

まぁ、でもアルコールが入って、作品に触れちゃったみたいな話を聞くとそれは大変なことでもあるわけで。
NYのフライデーナイトは、美術館のなかでアルコールを飲みつつ、踊ったりしたりも出来ちゃうスペースが出来て、作品もその雰囲気のまま鑑賞出来たりしたのを実際自分の足で行って観に行ったわけなのだけれども、そこらへんの対応は普段からどうしているのだろうかという疑問もでてきたり。
次回、行く機会が出来たら気にしてみよう。
(多分、美術鑑賞の仕方が多くの人に当たり前のように染み付いているかどうかっていう文化の違いなのではとは思っている)

と、寝る前に思ったことをだらだらと書いてみました。

もちろん、異論は認めます。
思っただけだもの。



以下、アートナイトで撮った写真たち
(撮った順)




DSC_1724.jpg


DSC_1737.jpg


DSC_1743.jpg


DSC_1744.jpg 


DSC_1756.jpg


DSC_1771.jpg


DSC_1761.jpg


DSC_1776.jpg


DSC_1789.jpg


DSC_1816.jpg


DSC_1869.jpg


DSC_1874.jpg


DSC_1871.jpg

DSC_1927.jpg 



時代が変化していくのと同じように作品の在り方も変化していくんだろう。

でも、良い作品って時代を越えても良い作品なんだよね。



ちなみに、私が一番印象に残った作品は、山本高之さん《どうぶつたちの一週間》でした。

アートナイトの話、終わり。


ちゅらちゅらちゅらら〜
スポンサーサイト

マタニティフォト

DSC_1403.jpg



DSC_1400 のコピー



短大時代からの友人のマタニティフォトを撮影。
友人の自宅にて。

衣装やポージングを変えたり、旦那さんも一緒に写ったり。

「こんなにきちんと沢山撮ったの初めて!」
と喜んでもらえて、撮った私も嬉しいかぎり。


次に友人に会うのは、ぽこぽことお腹のなかで動いていた「ちびたん」が産まれたあとかな。
ちびたん、会えるのを楽しみにしています。



DSC_1319_20130321052434.jpg

新潟県名立(なだち)に行って、日本海を望む

彼が長野県の上田に住んでいるので、たまに東京から新幹線で上田まで行って、そこから車でまた違う土地に出かけに行ったりする。

日本地図を頭に浮かべつつ、土地の形状と気候の関係性についてとか考えながら移動するのは楽しい。

先日は日本海が望める新潟県名立(なだち)のほうへ。
上田は東京よりも少し寒いくらいで、この時期にはもう雪はない。

けれども、そこから車で約1時間くらい掛けて新潟のほうへと行くと、少しずつ雪景色に変わり始めて、信濃や妙高あたりになると、除雪車の高さよりも高く積もっている雪の「山」を見ることが出来るようになる。

「体積」としては、自分にとって今年一番の雪の量を目視した日だった。

DSC_0692 のコピー


冬の景色だけれども、空の色は春が訪れはじめていた。


DSC_0697 のコピー


そして、名立へ。
こちら側までくると、雪の姿はまたなくなる。



日本海で漂流物と出会う。


DSC_0768 のコピー

DSC_0772 のコピー

DSC_0771 のコピー


ハングル文字が書かれている漂流物も発見する。
海を渡って日本に着いたのだろう、と予想。


DSC_0773 のコピー


漂流物は、プラスチックが多かった。
改めて気になって調べてみたら、プラスチックは形がなくなるまでの自然分解を待つとなると1,000年以上掛かるとも言われているらしい。
ペットボトルって生活のなかですごく身近で当たり前のような存在だから、価値観が低くて簡単にポイッて捨てることが出来るのかもしれない。
でも、自然にはとてもやさしくない。

人間の世界で作ったものは、人間側できちんと処理するべきだな

なんて、ちょっと真面目なことも考えざるを得ない光景だった。




そのまま、少し真面目な話を。

名立には、風力発電施設があった。

DSC_0806 のコピー

日本初のコンクリート製タワー。
この発電施設で、(タワーの数は1本だった)年間発電量の70%程度を「うみてらす名立」に供給している。
新潟県上越市 風力発電施設

タワーの足元付近まで日常的に開放している。
「風力発電は音がうるさい」
という話を以前、どこかでチラ聞きしたことがあったけれども、そうでもなかった。
百聞は一見に如かず、なのであった。

風力発電、もう少し身近な存在になると良いな。




DSC_0748 のコピー



日本海の奥に太陽が降りていくのを見届けた。


DSC_0876 のコピー


DSC_0853 のコピー

DSC_0881 のコピー


この光景を見届けていたら、地球は自転しているっていうのを実感出来て、すごく感動してしまった。






ちなみに名立になんで行ったのかと言うと、何よりもの目的はコレ。

海鮮丼。

長野県は海に面していないので、新潟県へ行きました。

DSC_0703 のコピー


旨〜!だった。
食材がどれもほのかに甘い。
噛むと自然の甘みが口の中に広がる。
甘エビを食べる時間が特に幸せだった。


DSC_0709 のコピー

アワビの刺身も注文。人生で初めてのアワビの刺身はコリコリしていた。




この日は新潟泊で翌日、長野県に戻る際の一時がすごかった。

DSC_0902 のコピー



いつも安全な運転をしてくれる、彼に深謝なのでした。



DSC_0810 のコピー

夜の浅草でデートをする

DSC_0967 のコピー


ロケハンで浅草へ。
地元が浅草の旅ガール 石井氏 と共に。


やっぱり、住んでいる人の目線って頼りになる。



DSC_0936 のコピー

DSC_0938 のコピー

DSC_0944 のコピー


ちょこちょこ、被写体になってもらったり。


カメラ男子ってきっと、可愛い彼女とデートする時、こうやって撮りつつ町歩きデートしちゃうんだろうなぁ。それって絶対楽しいよなー、なんだよ羨ましいなカメラ男子!とか妄想も混じった気持ちになりつつ

「今の可愛い〜〜!」

とか言ったりして撮る私。


DSC_0990 のコピー



「何、馬鹿みたいなこと言っちゃって!」
みたいな顔もいただきました。



地元っ子も美味しいとオススメする「とん平」のキムチポッカも食べた。
食べログ☞とん平

DSC_0997 のコピー


美味しくて箸が進む!
辛さは殆どなくて、口の中でお肉がとろけるやわらかさまで煮込んであった。
また別の機会に浅草へ行った時に、再度食べたい味。



女の子が美味しそうに食事する姿って良いと思う。

DSC_1004 のコピー



最後まできゅんきゅんされっぱなしだった。
石井氏、ありがとうございました♡



正しい意味で使うデートでは、ついこないだ新潟に行きました。続く
↑Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。