北海道旅行 1日目その2 支笏湖・洞爺湖・函館

北海道旅行 1日目その1 札幌 -大通•さっぽろ羊ヶ丘展望台-


その2に行く前に。
北海道旅行1日目その1の移動をGoogle mapを利用して、地図化してみました。

大きな地図で見る

A:新千歳空港
B:札幌 大通公園
C:元祖海老そば札幌らーめん縁や 札幌総本店
D:さっぽろ羊ケ丘展望台

移動距離、 68.6km。

では、その2へ!


支笏湖へ向かいます。

DSC_4467_20130511003900.jpg


道中、多くの車が左寄りなことに気付きました。

左寄りも左寄り。
白線を踏んでいる車も結構多いんです。

なんだろう?
と思っていたのですが、北海道は土地が大きいため、移動距離も必然と長くなってくる。
となると、速度も良い感じでだす車も多いんですよね。
追い越しも当たり前。
追い越されることが多くなってくると、接触を避けるために自然と左寄りになっていくのです。

これが正解かどうかは分からないのですが、旅行中追い越されのプロになった私は、最終日には初日に比べて大分左寄りに走る女になったのは確かです。

そして、旅行から帰ってから、北海道出身の友人に道民の運転事情を聞いたら、
「遅い車は追い越しますし、場合によったら多少は煽ることもあります。」
ときっぱり言われました。

行く前に聞いておけば良かった。
北海道は大地も広いし、運転ものんびりしているだろうなぁと思っていたのですが、真逆だったという話でした。

普段、運転に慣れていない方、北海道ドライブお気を付けてください。



さて、支笏湖(しこつこ)が見えてきました。

DSC_4468_20130511003901.jpg


支笏湖は、最大深度が363mの日本で2度目に深いカルデラ湖であり、最北の不凍湖。

DSC_4477.jpg
DSC_4476.jpg


不凍湖ですが、観光船は4月中旬まで休業だそうで、この日、4月下旬ではあったのですが、白鳥ボートはまだお休みな様子でした。

DSC_4492.jpg

カルデラ湖というからには、近くにカルデラを作った山があるわけで。

家に帰ってから気になって調べてみました。
左側の山、「樽前山」が活火山だそうです。
樽前山の上にちょこんと台形のかたちをしているのが、溶岩ドーム。

珍しい形をしているなぁと思っていたのですが、樽前山熔岩円頂丘として、北海道指定文化財の天然記念物に指定されているそうです。
特徴的で見ていて飽きないです。
登山道もあるそうなので、機会があったら登って、もう少し近くで見てみたいところ。


DSC_4479.jpg

一級河川の千歳川の源が支笏湖だというのをこの日初めて知りました。
小学生の時、意味も分からず、行ったこともなく、地理の時間に覚えさせられていた千歳川。
それでもこの年になって、新たな知識を得られるのは結構嬉しい。


DSC_4481.jpg


ちなみにこの赤い橋は昔は鉄橋として架かっていたそう。
現在は歩道橋として、活躍中。

そして、支笏湖はまだ魅力的な推しポイントがある湖です。

DSC_4484.jpg


環境省の調査で4年連続1位という、透明度がとても高い湖なのです!
底が見える!

DSC_4487.jpg


底が見えるから浅いように感じるのですが、最大深度が363mということで、油断して落ちたら大変なことになるかもしれません。

でも、綺麗だからついつい底を見ようとしてしまう…


DSC_4498.jpg


札幌は曇りだったのですが、空も透き通った青色で気持ち良い散歩になりました。


201332.jpg

mapのリンクはこちら
(URLが長くなって、googleさんが地図をカスタマイズしてくれなくなったので、スクリーンショットで進行)

E:支笏湖
追加

移動距離、 109km。
ちなみに東京から109kmの距離にある場所はどこかなと思って調べたら、伊豆大島でした。


まだまだ移動していきます。

次に向かうは洞爺湖(とうやこ)。

ドライブ休憩がてらぷらりぷらり。

DSC_4518.jpg


山が重なっているように見えるのですが、小さな島が集まっているのです。

DSC_4525.jpg


こんな感じ。
洞爺湖自体の話は、2日目にも通ったので、2日目について書く時に改めて。



DSC_4528.jpg


暗くなってきたし、そろそろ函館に向かおうかとなった時に、白鳥に遭遇!


DSC_4535.jpg


白鳥が歩いているのを初めて見たので、最初白鳥だという確信を持てなくなってしまった私。
草食べていました、白鳥。



DSC_4537.jpg
DSC_4538.jpg
DSC_4539.jpg
DSC_4540.jpg
DSC_4542.jpg



橋を渡る白鳥。
白鳥も左に寄り気味で歩く。
歩き方がぽってりぽってりしていて、ちょっとドナルドダックっぽい。
首のバランスをとるのも大変そうでした。

0045.jpg
mapのリンクはこちら

F:洞爺湖
追加

移動距離、188 km。
東京から 牧之原SA(静岡県)までと同じ距離を走っています。


函館へ向かいます!


この日、人生で一番長い距離を運転しました。
当分、この距離を超える長距離運転はしないかと思います。

高速道路で時折見かける「2時間ごとに休憩」、意味が分かりました。
そのくらい運転をすると、目が疲れてきたり、集中力が欠けてきちゃうものなんですね。

彼と運転を交代したりしつつも函館を目指して、ひたすら走っていきました。

ちなみに運転交代は、コンビニでが北海道旅行でのお決まりに。
栄えている地域だとコンビニも多くあるのですが、洞爺湖から函館間は主に山道。

「次のコンビニで交代しようか」
と話しつつ、その次のコンビニにまで20分くらい走るというのもよくありました。

山道での運転では、コンビニ休憩もちょっとした楽しみ。

そんなで、コンビニ休憩も時折挟みつつ、函館に着いたのは22時前!


函館に行ったのは、勿論理由があります。


IMG_8232.jpg



夜景を見るため!

行って良かったと思える美しさでした。

函館山は22時までは交通規制をしていて、一般車で入ることが出来ません。
(22時までは、ロープウェイで行くのが一般的。)
函館に着いたのが、ちょうど22時前だったので交通規制解除を待って入ることにしたのですが、函館山近くに行くと規制解除待ちの車の列!
列の最後尾はどこだ!?と少しぐるぐるしつつ探して並びました。

ガイドブックに駐車場台数が100台と書かれていたように、そこまで駐車スペースが広くなかったので、結構待つかなと思ったのですが、案外スムーズに停められました。

というのも寒くて、夜景を見て満足したら山を降りるという回転が早かったみたいです。

そんなで1日目が終了!

朝早かったのと、観光自体も夜遅くまでしたというのもあって、とても充実した長い1日となりました。


大きな地図で見る

G:函館山
追加

移動距離、 351km。
ほぼ東京から名古屋までの距離らしい!

それでも、北海道の左端をちょこっと移動した感じになっちゃうんだよね。
北海道の大きさを感じてしまいます。


2日目は函館観光、洞爺湖、札幌にてジンギスカン!
前半、後半に分けずに書けれたら良いです。続く
スポンサーサイト

北海道旅行 1日目その1 札幌 -大通•さっぽろ羊ヶ丘展望台-

DSC_4300.jpg

ゴールデンウィーク、彼と北海道に3泊4日で行ってきました!
生まれて初めての北海道!!
いつか北海道には行きたいと思っていたので、楽しみにガイドブックも事前に購入して、行く前から熱心に読んで行きました。
せっかくなのでブログに書いておきます。

ちなみに、今回お世話になった旅行会社はジェイトリップさん。
航空券、選べるホテル、レンタカーのセットで、お手頃価格!
と、個人的にはとても良心的な旅行会社に出会ったととても満足だったのですが、もしここよりも良心的な旅行会社があったら教えていただきたいです。
とっっても楽しくて、胃も大大大満足だった北海道旅行、すでにまた行きたい!


そんなで、楽しかった北海道旅行、一日目から書いていきます。

初日、はりきって朝の便で羽田から新千歳空港に向かいました。


新千歳空港近くでレンタカーを引き取り、まずは札幌へ!

DSC_4333.jpg


札幌の地下街にインコが住んでいました。
オーロラタウン「小鳥の広場」

他の方のブログによると、さっぽろ地下街が開業した昭和46年から設置されているとのこと。
( via 小鳥の広場 By札幌地下街 )
古くから札幌の方たちに愛されてきている待ち合いスポットのようで、この日も「小鳥の広場」前は賑わっていました。

予想外な可愛い出会いにより、札幌市内を見る前にここで随分と時間をとってしまいました。

大通りへと出ます。
DSC_4338.jpg

さっぽろテレビ塔!

この日の札幌は曇り&寒かった。
4月末なのに、ダウンを着るくらいに!!

さっぽろテレビ塔も洋服を着ていました。

DSC_4346.jpg


DSC_4350.jpg


大通公園を歩く。

札幌市内、道が碁盤の目状になっていて、歩きやすいのですが、車だと少し特殊な道になっていて、観光客にとっては、ナビとにらめっこしないとヒヤヒヤな道でした。
怖くて札幌市内の運転は最後まで彼に任せっきりでした。感謝です。



お昼は、事前からここに食べに行くぞ!と決めていました。

元祖海老そば札幌らーめん縁や 札幌総本店

DSC_4366.jpg


東京の北海道展で食べたことがあり、リピートしたかったのです。


DSC_4363.jpg

北海道展にはなかった海老そばの「合わせ味噌」を注文。
海老のだしが効いたスープに最後まで夢中でした。
「合わせ味噌」には、タマネギも多く入っていて、身体もぽかぽか温まりました。
寒い日にぴったりのラーメン!
再び、北海道展で出会える時がくるのを首を長くして待っています。


らーめん縁や は、新さっぽろアークシティデュオというビルのなかに入っていました。
同フロアにて

DSC_4367.jpg


ドラゴンボウルなお店だったり、
子どものための美容院を発見。

DSC_4368.jpg




身体も温まり、次に向かったのはクラーク博士像のいる

DSC_4375.jpg


さっぽろ羊ヶ丘展望台


クラーク


クラーク2


「Boys, be ambitious」のポーズはやっぱりやりたくなります。やっておきました。

さっぽろ羊ヶ丘展望台には、クラーク博士像だけではなく、
裕次郎さんの像や北海道日本ハムファイターズの野球選手の手形などもありました。

DSC_4374.jpg

そして、羊ヶ丘展望台という名がついているのだから……!と、探した羊。


DSC_4393.jpg


発見!
毛を刈られたあとでスリムになっていました!
小屋からでられるというので、待機をする羊たち。

DSC_4378.jpg

いざ、外にでてみると寒くて、そそくさと小屋に戻る羊たち。

DSC_4390.jpg


もう一回。

DSC_4401.jpg


やっぱり寒い。

DSC_4400.jpg


「しばし待たれよ。」
掃除が終わるのを待つ羊たち。

DSC_4407.jpg

DSC_4453.jpg


—羊たち、毛刈りが終わったのがつい先日で、まだ体温が少し下がっているんですよ。

羊の飼育員さんがそう言っていました。
髪の毛のある人が坊主にしたら慣れるまでの数日は頭が寒いっていうのと一緒です、という例え話が分かりやすかったです。


クラーク博士と羊と羊の飼育員さんと裕次郎さんにさよならをしつつ、札幌市内をでます。

1日目の最終目的地点は函館!

札幌から函館まではストレートで行くと、事前調査によると車で計5時間くらい。
運転を交代していけば、行けるかな!

ということで、間に湖休憩を挟みつつ向かうことにしました。


北海道旅行 1日目その2は、支笏湖、洞爺湖、函館について書いていきます。

DSC_4512.jpg


ちとせのマンホール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。