2014年3月の感想文

DSC_7618.jpg

大浮世絵展

手元にある図録はほぼ浮世絵と仏像です。
仏像も好きなのですが、浮世絵も同じくらい好きです。
「大」浮世絵展と、大という文字がつくだけあって、最高な展覧会でした。
(そもそも、好きなのもあって浮世絵の展覧会は毎回満足度が非常に高いです)
浮世絵の歴史、流行が分かりやすい構成になっていたのも◎です。
この展覧会の図録は枕元に置いて、寝る前によく眺めています。



浜離宮恩賜庭園

DSC_7651.jpg

梅を見に行きました。
庭園は四季を感じることの出来る草花が植えられていて、どの季節に足を運んでも楽しいです。
4月だと桜、今の(5月1日)時期だと藤が見頃ですね。
また、庭園というのも土地や造られた時代、誰のため、何のために造られたのか?というのによって、違いが結構あったりして、そういうのを知りながら(園内に解説の看板が大体ある)のんびり歩くのが好きです。
静かだし、安いし、庭園最高です。

ちなみに、この日は 浜離宮恩賜庭園ー徒歩→日の出桟橋ー水上バス→浅草 という東京観光っぽい感じでした。



ぐりとぐら展
誕生50周年記念の展覧会です。『いやいやえん』、「ぐりとぐら」シリーズ、共にお世話になりました。
将来、子どもが生まれたら、自身の子どもにも読んでもらいたいと思っている絵本たちです。
大人気な展覧会で入場前にも待ち時間があり、会場内も混雑はしていましたが、作品はゆっくりと観ることが出来ました。
会場内はぐりとぐらや、展示のブースに合った立体物などの展示などもされており、絵本の世界に入ったような気分になれました。



みわ屋の牛まぶし弁当

DSC_7602.jpg
DSC_7603.jpg
DSC_7605_20140501151946eb8.jpg
DSC_7611.jpg

もしもツアーズ(テレビ番組)で存在を知って「これは食べなくては!!」となった牛まぶし。
そのまま食べて美味しい、薬味をかけて美味しい、出汁をかけてお茶漬け風にして美味しい。
一度に3種類の美味しいを味わえる!!(お弁当の際は出汁は別売りです。)
東京のKITTEにて購入。お店の前にその場で食べられるちょっとしたテーブルスペースもあります。
みわ屋は飛騨牛のお店だそうで。もしかしたらこれが私の飛騨牛デビューだったかもしれないです。
柔らかくて、肉汁がぎゅっと詰まった飛騨牛……思い出しながら書いていて、また食べたくなっています。



東京・大阪展 わたしのマチオモイ帖

DSC_7702.jpg

2年前にワーキングステイへ行った上毛町(こうげまち)。
この町を舞台として作られた 短編小説 こうげ帖(写真で参加しています)が展示をされていたので、観に行きました。

マチオモイ帖とは?:マチオモイ帖は、日本全国のデザイナー、写真家、イラストレーター、映像作家、コピーライター、編集者などのクリエイターが、自分にとって大切な町、ふるさとの町、学生時代を過ごした町や、今暮らす町など、日本各地に眠る無数の価値を、それぞれの思いと共に小冊子や映像にして紹介するもの(公式HPより引用)

「小冊子」という一言では収まりきれない様々な大きさや素材、表現方法を用いられたマチオモイ帖たちは見応え抜群でした。
作ることがわくわくして堪らない!という人は次回の参加をオススメしたいです♪



アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

DSC_7724.jpg

将来、誰でも15分は世界的な有名人になれるだろう。―アンディ・ウォーホル

アンディ・ウォーホル、初期から晩年を総覧する約400点が出品されている展覧会。
個人的にはドローイング作品、バスキアとのコラボレーション作品が好みで鑑賞時間が長くなってしまいました。
東京シティビューには「Andy Warhol Café」(アンディ・ウォーホル・カフェ)がオープンされています。
展覧会とコラボレーションしたカラフルなメニューの数々は鑑賞後、食べたくなってしまうものばかり!
キャンベルスープが選べるセットメニューがオススメです(^^)



深川櫻フォトマップ 2014

DSC_7963.jpg

今年もネットにて深川にまつわる桜の写真を募集してマッピングをしました(^^)
2011年から始めた深川櫻フォトマップ。
1枚1枚異なる桜の表情を楽しめ、また新しい桜のポイントも増え、更新を楽しくさせて頂きました!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。