海月

IMG_8568_1.jpg

IMG_8569_1.jpg

IMG_8571_1.jpg

IMG_8570_1.jpg

IMG_8578.jpg

【ミズクラゲ】
ミズクラゲ(水海月)は、鉢虫綱・旗口クラゲ目(ミズクラゲ目)・ミズクラゲ科に属するクラゲの一種。日本近海でも最も普通に観察できるクラゲである。傘に透けて見える胃腔、生殖腺が4つあることから、ヨツメクラゲとも呼ばれる。





IMG_8604.jpg

IMG_8606.jpg

【パシフィック シーネットル】
シーネットル(sea nettle)は大西洋岸の河口域に生息するクラゲの一種。ベル状の傘で通常半透明の体に小さな白い斑点と赤褐色の縞模様を持ち、縞のないシーネットルは白く半透明に見える。英語で「海のイラクサ」を意味する通り、触手に刺胞を持つ。その刺胞毒は強いものも弱いものもあり、小さな獲物にはより有効的である。アレルギー反応が起きない限りは人が刺されても死に至らない。アカクラゲに近い種類のクラゲである。





IMG_8585_1.jpg

【タコクラゲ】
タコクラゲ(蛸水母、蛸海月、Mastigias papua)は、鉢クラゲ綱・根口クラゲ目に属するクラゲの一種。
タコに似た形態からその名がつけられ、体内に褐虫藻が共生する為に褐色になっている。褐虫藻はクラゲの体内で光合成を行い、その産物の一部をクラゲが利用する。







すみだ水族館にて
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。