FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4日目(11月16日・金)】上毛町ワーキングステイ日誌より  #TNG_KNG

IMG_9818.jpg


■午前■
・朝ご飯 ー卵かけご飯
・ゆいきららへ
 メンバー:ユウさん、三谷さん、石井氏、木下
 委員長である 福本さん に案内をして頂いたり、お話を聞かせていただく
 珈琲とパウンドケーキのセットを食べる
・イラストレーター 山崎ひかりちゃん を吉富駅へ迎えに行く

IMG_9814.jpg

IMG_9823.jpg

IMG_9878.jpg

IMG_9840.jpg

IMG_9836.jpg

IMG_9833.jpg

IMG_9849.jpg

IMG_9872.jpg


■午後■

・吉本さんの息子さんの経営している ラーメン 嬉屋にて昼食
 ーとんこつラーメン、餃子
 メンバー:ユウさん、三谷さん、石井氏、山崎さん、木下
・宇佐神宮へ ー祈祷を受ける
・宇佐神宮近くの喫茶店で珈琲を飲む

IMG_9883.jpg

IMG_9894.jpg

IMG_9935.jpg

IMG_9939.jpg

IMG_9954.jpg

IMG_9955.jpg

IMG_9953.jpg

IMG_9962.jpg

IMG_9967.jpg

IMG_9964.jpg

IMG_9970.jpg


■夜■
・上毛町に戻り大平楽にて夕飯の買い出し
・雁股庵の帰り道に鹿とイノシシを見る
・雁股庵にて夕飯 ーカレー
・食後 吉本さんに頂いた梨を食べる

IMG_9990.jpg

IMG_0035.jpg

IMG_0011.jpg


■一日の感想■
上毛町から出て宇佐へ行く。
そう遠くはない場所ではあるものの、県が異なるのもあってか、お店の数や道路の広さ、交通量が異なっていることを感じる。
上毛町に戻り、夜の暗さや交通量の少なさなどを改めて認識する。
ワーキングステイ出発前は、自身の仕事など、自分のことを軸とした生活を過ごすイメージをして上毛町にきたが、車が一台しかないことや、同じ居住空間に来客者が訪れること、慣れない共同生活の部分で、仕事が出来なかったり、自分のやりたいことが出来ないという「個人」ではないところで生じるフラストレーションをやや感じる。
午前中に訪問した ゆいきらら のように廃校になった学校を施設として再利用するという取り組みは他県等でも見てきていたので、珍しいことではないものの、上毛町のなかで今年春にスタートして、今後どのように上手に運営、活用をしていくのかという初期段階の部分を見れたのは良い機会となった。今後どのように展開をしていくのかとても興味深い。


■一ヶ月後の補足■
廃校を地域の活動拠点、または都市とを結ぶ交流拠点施設として活用している「ゆいきらら」については、また東京ナイロンガールズのほうでも触れたいところです。
廃校を活用するという試みは、全国でも行われているので、珍しくはないと思いますが、上毛町の現在からこれからに向けての取り組みを体感しやすい施設でもあるので、上毛町に行ったら絶対に行って欲しい場所でもあります。
ゆいきららは、今年の春にオープンしたばかりで、まだ今後の運営について問題点もいくつか抱えているようで、その問題点の解消に向けて、話合いが行われている段階でした。
ゆいきららに限らず、上毛町が好きで、「良い方向に展開させていきたい」という皆さんの熱意がこの町の地域活性化の動きからとても良く伝わってきます。
ワーキングステイに参加した人たち、皆さんが上毛町から戻ってきても、上毛町と何かしら関わりをもっていけたらと、動いています。
上毛町自体にも魅力が溢れているからこそ、そのような動きが発生しているのだと思いますが、地域活性化に向けて地域の方達がとても熱意をもっているのも少なからず影響しているのではないかと感じています。
また今回、私は「東京ナイロンガールズ」の一人としてワーキングステイに参加をしたのですが、東京ナイロンガールズはそれぞれ異なる仕事をもっている団体です。
そのため、仕事のスケジュールはバラバラ。そんな状況で団体行動なので、多少の不自由さは感じられたのは否めません。そして、何よりも滞在期間中にしか行けない/行えないという場所や行動の魅力には勝てなかったです。(皆が行くところに行かず、仕事をするという選択肢もないことはなかった。)
あわせて、慣れない団体生活の緊張や疲れもこの時期でていた気もします。(これは自分の性格の問題…)
期間が短かったからこそ、特に問題にはならなかったのと、4人という多すぎない人数だったからこそ臨機応変に対応が出来たというところもあったかもしれません。(あと、皆さんが大人だというのも。)
これは同じ仕事を抱えている団体ではなく、本来の仕事や生活がそれぞれ異なっているからこそ感じたところもあったかと思います。
この歳になるとなかなか経験しない団体生活です。勿論、良い点のが多かったです。
協調性や、ほかの人への気配りや思いやりなどについて、改めて見つめ直した気がします。
普段、フリーランスで仕事をしている方、敢えて違う業種のフリーランス仲間とワーキングステイをするのもありかもしれません。笑
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。