FC2ブログ

深川界隈

_MG_0402.jpg*Canon40D @こふく

食器ってすごく大切な役割。



「深川福々」配布とともに深川界隈のギャラリーにも足を運ぶ。

●春分点・ヒルコ 松下和歌子展
深川Labo

フライヤーで作品を観てから楽しみだった展覧会。
(結構、珍しい。)
やっぱり、だった。
すごく好きなタイプ。
絵画で好き!が出るのは早々ないんだけれども。
作家さんも在廊。
制作をしていました。
ちょこっとお話も。
もう一度足を運ぼうかな、と思う。


●菅野栄子 HANDBAG展
楽庵

変形バッグが好きな方にはオススメ!
素材が皮でしっかりした作りなのも◎
荷物が少なめな人向けかな。
ユニセックスなデザインでした。
パスケースがすっごくお手頃価格で迷いに迷う。


●齊藤明彦 写真展 『壁虎(やもり)』
TAP Gallery

写真って「シャッター押す」と平面として形には残るんだけれども。
すっごく奥が深いものなんだと、最近よく思う。
モノクロ。
すごく勉強になる。
勉強、と言っても結局“感覚”になる私。
かわら版「深川福々」を片手にひょっこり行って
帰りはDM、フライヤーを片手にひょっこりいっぷくに戻る。


●春を待つ手紡ぎ手織り~西方京子展
深川いっぷく

作家さん在廊。
作品=作家さん、というのを本当に思う。
柔らかくて、でも芯を感じる方/作品でした。
“織り”という技法を手にしている人ってなんだかこういうタイプの人が多い気がする。
持ち運びの出来るコンパクト手紡ぎ機というのを見る。
持ち運びが出来る、なんていう存在を初めて知って感動。
しかもちゃんと紡げていた、ということにまた感動。
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)