FC2ブログ

深川フォトセッション 展示レポート1/号外

暑い日が続いています。
清澄白河駅周辺では一眼カメラを持ち歩いている方、現美で現在開催中のアリエッティにて購入したと思われるピンクの袋を持っている方を多く見掛けています :)

深川フォトセッションのレポート第1弾です。

半蔵門線 清澄白河駅 東京都現代美術館側 B2出口を出てすぐ左にある
BUTTERFLY DECO さん
こちらの看板が目印!
お花屋さんです。
_MG_3103.jpg
東京綜合写真専門学校の学生さんである
山口華世さん・細貝幸恵さん・宮鍋藍さんが展示をしています!

_MG_3100.jpg
外からも見ることの出来る作品もありますが、中にも展示作品多々!
ドアを開けるとお花の良い匂いが広がります :)
こちらのお花屋さんは Parisのブティックで勤務をしていたYOCOさんがオーナー。
店内の雰囲気、お花のアレンジメントもとっても可愛いです。
インテリアにも使いたくなる容器etcも販売しています。



そして深川江戸資料館通りにある善徳寺さん壁面

_MG_3111.jpg

こちらには斎藤明彦さんの展示

夕飯の買い物帰りやどこかへの行き帰り道中、ふと足を留めて見られる方もいます :)

そしてすぐ近くの靴屋 一五屋靴店さんでは

_MG_3205.jpg

ウィンドウに靴と一緒に展示!
こちらは
東京綜合写真専門学校の学生さん
吉本和哉さん・猪原悠さんが展示をされています。

そしてこちらの右側の小道に入ると
赤々舎さんです。
24日、25日は書店に出荷した際につける本のサンプルを割り引いて販売する「サンプルセール」を実施します!

今日はこのまま江戸資料館通り西側のリポートを。
(東側はレポート2で!)

実は楽しみに待っている人が多い!
24日リニューアルオープンの深川江戸資料館前にある

江戸みやげ高橋さん
の脇道側
_MG_3207.jpg
大西さんの撮影した八幡さまのお祭りの大きな写真が展示されています!

どれも写真作品よく見えないじゃない、な写真ですが
まだ会期中なので直接是非ご覧下さい!
こちらの写真は 本祭、一番の盛り上がりポイントです!
担いでいる方たちの熱気が伝わりますよ :D

そしてそのまま江戸資料館通りを歩いて出て右側すぐ。
onnellinenさん
_MG_3113.jpg

大西さんの作品が展示されています。
こちらはシンプルで良い素材の雑貨の集まった雑貨屋さんです。
close時もウィンドウから見られます :)


そして
ご存知の方も多い小山登美夫ギャラリーをはじめとするギャラリー群より更に隅田川寄り
(こちらでも写真作品の展覧会が行われています。 タカ・イシイギャラリー

銀の輔さんにも会えるかも!?

_MG_3209.jpg

タロス清洲橋店さんにて
高野ひろしさんの展示が開催されております。
ペンギンの銀の輔さんと一緒に写っている方が高野さんです :)

タロスさんはこの値段で良いの!?と思ってしまうお手頃価格良質の古着、アンティーク、古道具屋さんです。

そしてタロスさんから歩いて20秒で
_MG_3211.jpg
この景色に出会えます :D
風も気持ちよくスカイツリーも見えます!

そして今日のブログでは一休み入れずこのまま南へ南へ

_MG_3172.jpg

深川番所さん
写真、手前側のドアを開けて2階に上ります。

_MG_3169.jpg

遠藤志岐子さんの展覧会が開催中です!
カメラの原型である「カメラオブスキュラ」も展示中!
ピンホールカメラ写真作品を作り続けている遠藤さん。
カメラオブスキュラはそのピンホールカメラと同じ仕組み。
自身がピンホールカメラの中に入った気分になります :)
川の光の動きがとても綺麗です!


ということで今日は西側を中心にレポートしました。

深川フォトセッション
会期も折り返しました!

号外も出ましたよ!

大西さんの出前上映!
下記は公式HPより抜粋

--

「オンネリネン」で行なわれています、大西みつぐ写真展「近所論・青い夏」は、ショーウインドウ展示につき夜間でも美しく鑑賞できます。また、作品のメーキングビデオを「出前上映」いたします。ご希望の方は、清澄白河界隈で大西を見ましたらお声をおかけください。その場で上映いたします。上映時間は約7分。もちろん無料です。

--

出前上映、気になります!


また、23日(金)は
そら庵さん
にて かき氷販売を私、木下が致します :D

_MG_3433.jpg


*かき氷メニュー*
いちご、レモン、メロン、ミルク、カルピス 各300円
いちごミルク 350円
梅酒かき氷  450円


時間は12時~です :D
深川フォトセッションまわり、スタート場所としても、途中でも、ゴールでも涼みがてら是非来て下さいね!



ほか、最終日まで深川フォトセッション、深川界隈イベントまだまだいっぱいです!

【トークセッション「記録、痕跡、変貌、生きる町」】
 (萩原義弘vs兼平雄樹)7月25日(日)午後3時~4時  
深川資料館通り商店街事務所2F・無料

30年近く継続的に「夕張」「炭坑跡」の記録を続け、第26回写真の町東川賞「特別作家賞」を受賞した 萩原義弘さんと清砂アパートをはじめ同潤会住宅に暮らし撮影を続ける兼平雄樹さんのトークセッション。



【深川・川施餓鬼(灯籠流し)】
7月24日(土)
17時 受付 
19時~法要・灯籠流し

深川は関東大震災、東京大空襲と2度の大きな被災にあい、多くの人々がその犠牲となりました。この川施餓鬼法要は、水難で亡くなった方も含め供養するもので、毎年深川仏教会が主催しています。たくさんの灯籠が流され、静かな祈りのひと時、地元のみなさんのみならず誰でも参加できます。小名木川・高橋あたり


【なぎら健壱写真展 「光彩」】
7月7日(水)~25日(日) 9:00-21:00(最終日17:00まで)
森下文化センター

写真家としても情緒深いスナップショットを撮っているなぎらさんの定席写真展。16日には斉藤哲夫さんを迎え恒例の「フォーク夜話」が文化センターのホールで開催されます。


【小名木川リバーツアー】
7月24日(土)午前、午後2回の屋形船でのツアーとのこと。問い合わせは江東区まで。


第2弾レポートは北深川東側をお送りします!
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)