深川雪夜景(2014年)

2014年2月8日夜、2014年2月14日夜 撮影


DSC_7243 のコピー


DSC_7234 のコピー


DSC_7285 のコピー


DSC_7249 のコピー


DSC_7253 のコピー


DSC_7267 のコピー


DSC_7265 のコピー


DSC_7350 のコピー


DSC_7379 のコピー


DSC_7260 のコピー


DSC_7354 のコピー


DSC_7358 のコピー


DSC_7371 のコピー


DSC_7292 のコピー


DSC_7279 のコピー


DSC_7295 のコピー


DSC_7368 のコピー






DSC_7366 のコピー

江東スイーツプロジェクトの冊子が完成しました!

DSC_7208.jpg


江東区観光協会による江東スイーツプロジェクトにて制作をしていた冊子が完成しました!

「おでかけし“がてら”(ga・te・ra)、おいしいスイーツを♡」

ということで、冊子名は『ga・te・ra』です(^^)
江東区内で2月1日より無料配布されます!
見掛けたら是非手にとってご覧ください。

配布場所は区役所をはじめ、区の文化センター、歴史資料館等に設置される予定になっています。


また、今回のスイーツプロジェクトには江東CATVのキャスターの富並さんも参加されました!
その様子が江東CATVの区政情報番組「江東ワイドスクエア」にて2月2日より配信されます。

【放送日】
江東CATV 区政情報番組「江東ワイドスクエア」
毎週日曜日~土曜日(9時、12時、15時、19時の一日4リピート)
放送予定日:2月2日(日)~2月8日(土)
放送終了後に江東区のホームページにて動画配信 (http://www.city.koto.lg.jp/)

こちらもよろしければご覧ください(^^)




☟江東スイーツプロジェクトの様子
江東スイーツプロジェクト 第1回
江東スイーツプロジェクト 第2回
江東スイーツプロジェクト 第3回

2014年1月の感想文

DSC_7113.jpg


・舞台『俺たちの明日
開演してすぐに観客をも照らした照明、この照明がラストまた観客を照らした瞬間に「繋がった」ということが分かり、はっとして思わず口が「ぱかっ」と開いてしまった。
そして口が開いて呼吸が楽に出来た、ということに自身が気付いた時に、それまで口をぎゅっと閉じて息をすることも忘れて体に力が入りながら観劇をしていたことにやっと意識がまわった。
自分の体のことも意識出来なかったくらい、舞台の世界に入り込んでしまっていたのでした。

手には汗をたくさん掻いてしまうくらい、緊張を緩めることが出来ない展開に続く展開。
“八人の男達 逃げられない八方塞”(フライヤーより抜粋)
観劇した側も舞台に全身を捕まえられてしまって逃げられない作品でした。
(2014.01.12)


『笑って死にたい』遠藤周作 著(河出書房新社)
「なるようになれば、いいじゃないか! 美しく死のうが、見苦しく死のうが、生きている間はジタバタしたっていいのである——。 人生を極めた42篇!」(帯より抜粋)

エッセイです。
後半が六十代、七十代になった、死の距離が必然と近づいてしまっていると分かった時に改めて読みたいと思わせる編集となっていました。
なので、読み終わって最初に思ったのが「読むには少し早かった。」でした。
1冊としては、長く近くにおいておきたい本です。

エッセイ42篇、それぞれ5頁前後で1篇となっていて、移動中などにも気軽に読めやすく、また全体として狐狸庵先生らしいユーモアさを感じる一冊となっています。
今はあまりそう出会うことも出来なくなった粋なおっさん節、と言えば良いのでしょうか。
こういうおっさん節を聞ける機会が今、あまりなくて寂しいなぁと切に思います。

章ごとにぶつ切り感想。

●第一章 不真面目に生きよう
おっさんの「くそォ」の声は嫌いじゃないです。寧ろ、イケてる!と思うこともあります。
おっさんの「くそォ」までにいけるには、人生まだまだ経験重ねていかなきゃ到達出来ないなぁ。

「ユーモアの根底には愛情がなければならぬ」(本文より抜粋)
ユーモアと笑いについて書かれた第一章の最後の一篇は、心のドッグイアもの。
ユーモアも笑いも愛が欠けてはならないです。

●第二章 私はあなたの人生の脇役
「女房」について触れています。
この章のタイトルである「私はあなたの人生の脇役」、この言葉好きです。
自分の人生にとって、自分は主役だけれども、他の人の人生にとっては脇役。
極少人数で良いんだけれども、誰かの人生の名脇役になれたら、自分の人生って良い人生かなって思えます。

●第三章 コロリと死にてえなあ
病気、死、医者について。
「いよいよ、旅発つ今の気持ちは全くの秋晴れ」(本文より抜粋)
日野原重明先生『人生の四季に生きる』より引用された日野原先生のご友人である木島先生の遺書の一節。
こんな最後を迎えられたら良いんですけれども多分、私は最後までジタバタしそうです。
ジタバタ人間はジタバタして良いんじゃないかと狐狸庵先生は仰っています。

●第四章 樹の下で茶を楽しむ
「風景は二度と帰らない」の一篇は今後折に触れて思い出すことが多くなりそうです。
「昔の日本人は風景を作ることを知っていた。」(本文より抜粋)
「風景もまた子孫に残してやる財産である。」(本文より抜粋)
風景について。
変わっていく風景と変わらない風景。
盆栽をやりたくなってきます。

●第五章 誰かが守ってくれた
縁や死について。
最後の一篇のタイトル「来世は鹿になります」
狐狸庵先生は鹿になったのでしょうか。
印度についても書かれていて、私の中では印度=『深い河』で、久しぶりに『深い河』を読みたくなりました。
(2014.1.28)


*おまけ*

・DVD『リーガル・ハイ』vol.2
『リーガル・ハイ2』からテレビで観たのですが、「1も面白いよ!」という声をちらほら聞いたので、シーズン1をスローペースで観ています。
vol.2は第3話と第4話。
第4話が日照を阻害するマンション建設に対する反対運動についてでした。
子どもの頃から「マンション建設反対!」とか「日照権を奪うな!」なんていう旗をマンションが建設される度に見ながら育ってきた身としては、結構真面目に観ちゃいました。
あの反対の旗、大人たちがマンションが建つのを本気で怒っている!っていうのは小さい時からなんとなくは受け止めていて、なんとなくそこのまわりの空気が威圧的だったり怖く感じちゃって、通るの避けたりしたなーとかも思い出したりして。
でも、結局建つんですよね。
新しいマンションの建設の度に反対の旗が上がっているんですけれども、結果建設中止とかになったっていう話は聞いたことないです。
で、我が家はたまたま今まで反対の旗が上がっていることと、その後やっぱり建ったという結果しか分からない距離より内側になったことがないので、その旗と建設の間の話は未知なまま。
ドラマで、フィクションなんですけれども、未知の中身はこんな場合も時にはあるのかなーなんて思いつつ第4話を観ました。
未知の中身はフィクションなんですけれども、ストーリーの最後のまとめ方は現実の町の変化にリンクするなと。
私自身、町の変化を見てきて、
町に新しい建物が建つ→新しい人が住む→町が変化する
この変化はどの時代においても変わらないもので、当たり前のことなんだということを知りました。
人がいてこその町ですもんね。
そういえば、シーズン2にも舞台は違えども、町の変化に焦点を充ててる回がありました。
多くの人の関心が強い部分なのかもしれないです。
(2014.1.26)

2014.01.01

nenga_pc2 のコピー


明けましておめでとうございます


旧年中はいろいろとお世話になりありがとうございました。
皆様には幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



2014年1月1日 木下奈緒美

愛犬が老いた時に

DSC_0470.jpg

小学5年生、10歳の時から一緒に暮らしていたミニチュアダックスフンド、ナナが天国に行きました。
0歳の時に我が家にきたので、19年間一緒に生活をしていたということになります。

思い出について、文字にする必要が自分の中でまだないので書きませんが、(書かないままになるかもしれないし、それで良いものだと今は思っています)
老犬と過ごした立場として、これから年を重ねて老犬になっていく時間を一緒に過ごす人たちや、今後、犬を飼う気持ちのある人たちに対して、愛犬が老いた際のことについて書けることは書いておこうと思って、先日facebookに書き込みました。
その文章をブログのほうにももう少し加えつつ書いておきます。

これからまた、ふとした時に文章を加えていくかもしれません。
愛犬が老いた際に、飼い主として出来ることのちょっとしたヒントになったら幸いです。


・犬が老いた時のための本を読むこと
年を重ねて老いていくと、若いときとまた飼い方に変化がでてきます。
例えば、トイレ。
体が衰えてくるので、トイレの失敗もでてきちゃいます。でも、それは犬側にとってもバツが悪いもの。叱るのではなく、トイレの場所を近づけたり、人間側でトイレしやすい環境を作ること。
ほか、エサの量や回数などの変化もでてきたりするので、本を読んで飼い方の変化を知っておくと良いと思います。

・夜間も開いている近場の動物病院を知っておくこと。
特に今年は夜間病院にお世話になることが多かったのですが、翌朝まで待たずに夜間に駆け込んだことで、もう少し遅かったら危なかったという状態から、何度も助かりました。
あと、ちょっとでも様子がおかしかったら、可能な限りは病院に行くと良いと思います。
様子がおかしいというのは、やっぱりどこか不調だということなので。
最後のほうは、調子が悪い夜は徘徊があったのですが、回る方向によって、脳の調子の悪い部分が分かるみたいなので、お医者さんに伝える時に回る方向も伝えられるようにしておくと良いです。(徘徊については、個犬差もあるので、やっぱり本を読んでおくと良いと思います。)

・日向ぼっこと外の空気を吸うのは年をとってからも、大好き。
足が衰えて自分から進んでいっぱい歩くことは減ってきますが、それでも雨の日以外は毎日ベランダにでる時間がありました。
植物の匂いを嗅いだり、風を感じたりと、お年寄りな外の楽しみ方ですが、気持ち良さそうな顔をしていました。ちなみに、満足すると部屋に戻りたいアピールもするので、気のすむまではベランダにいさせていました。

・写真を撮ること
老いてくると、目も白内障になったり、毛の艶も若い時とは変わってきたりと、写真写りもなんだか良いとは言えないように感じてくるかもしれません。
今の時代、SNSにアップするために撮るなんていうことも多いかと思います。
そうすると、愛犬を撮る機会ももしかしたら減ってきてしまうかもしれません。
アップしなくて良いので、老いた姿になっても、いっぱい撮っておくことをおすすめします。
気軽に写真を時代を撮れるからこそ、めいっぱい撮っておいてください。
また、家族の一員として、愛犬も一緒に家族写真を撮るのも良いかと思います。
最近では、ペットと一緒に家族写真が撮れる写真館などもあるそうです。

・「ありがとう」を伝えること。
facebookにまず書こうと思ったのは、これを特に書きたかったからでした。
犬は人間の言葉を話せませんが、人間の言葉(もしかしたら音の調子かもしれません)を年を重ねていくにつれ結構分かってくるところがあると思っています。
コミュニケーションをとる時はいっぱい声に出して話しかけることが大切だなと感じています。
話せないので真実のほどは分からないのですが、多分ナナは「ありがとう」の意味が分かっていたんじゃないかな、という出来事が最後の最後のほうまでありました。
ありがとう、を生活のなかで日々伝えることは絶対損じゃないです。


DSC_0469.jpg

※書いた日は2013年12月4日ですが、何年経っても、自分がこのページにすぐ戻れるようにブログの日付を「2013年11月25日」に設定してあります。

アルパカの顔

DSC_4695.jpg
DSC_4692.jpg
DSC_4697.jpg
IMG_8283.jpg

DSC_4721.jpg
DSC_4723.jpg
DSC_4720.jpg
DSC_4701 2
IMG_8275.jpg
IMG_8277.jpg

DSC_4696.jpg

今年の日常生活で撮影している写真を少しずつ整理し始めています。

写真の整理が5月のに入りました。
そこで気付いた、北海道に行った時の写真のアルパカの顔の写真の多さ!
アルパカでまとめてアップすることにしました。


DSC_4718.jpg

この時に知ったアルパカの知識は
「アルパカは綺麗好きでトイレの場所が決まっている」(by 飼育員さん)
でした。今でも印象に残っています。

#江東スイーツプロジェクト 第3回

DSC_7023.jpg
江東区文化センターにて打ち合わせ。6階にて。雲に隠れたスカイツリーがうっすらと。


「江東スイーツプロジェクト」3回目の打ち合わせでした(^^)

今日は、取材1件目の初稿が修正されて返ってきました!
スイーツジャーナリストの平岩さんが修正して下さり、スイーツ探検隊の皆で各原稿に目を通しつつ、その確認です。



DSC_7026 のコピー
修正入り初稿プリント。小さめサイズでアップ。



本文の直しが特になかったようで、修正の黄色のラインが入っておらず。
良いことではあるのだけれども、ちょっと寂しい……

小見出しについては直しがありました!
「文章」になっているとのことで、「キャッチコピー」っぽさがでるようにとのこと。

うーん……難しい。

ということで、こういう場だからこそ聞かなきゃ損だと思って、コツはあるのか伺ってみました。
丁寧に教えて下さって、久しぶりに「ユリイカ!」な気分に。

教えて頂いた、今回のスイーツプロジェクトでの小見出しの作り方のコツをいくつか。


・江東区のこのお店だからこそが伝わるものが◎
 (例:ふわふわなケーキ→他のお店にも「ふわふわな」と表現出来るケーキはあるのであまり良くない)
・小見出しは今回2行での構成なので、
 1行目→掴み
 2行目→商品名もしくは補足説明
・「!」を敢えて使わない (今回、全体的に「!」を使った小見出しが多かったということで)


なるほど、が自然に何度も出てしまうお話でした。
他の方の原稿の修正についてのお話もとても勉強になり、それぞれ質問等も行き交い、とても有意義なブラッシュアップの時間になりました(^^)

今後近々の予定は、取材1件目の原稿を再度直し提出 & 今日のことを踏まえて2件目の取材→初稿提出です。




DSC_7063.jpg
江東区文化センター帰りのお土産は母リクエストで最近話題の「ニューヨーク・クロワッサン・ドーナツ」。
家から文化センターまで行く道中のお店で販売されています。
B’s CAFE東陽町店

#江東スイーツプロジェクト 第2回

DSC_4983.jpg

先週末、江東区観光協会のプロジェクト「江東スイーツプロジェクト」の第2回目がありました!

第2回目はサンケイリビング新聞社のカメラマンさんが来ての、冊子用メンバー撮影が行われました!
先々週、「何か質問はありますか?」との観光協会の方の声に、
「どのような洋服を着るのが良いのか?」
「体のどの部分まで写るのか?」
などなど、この撮影時の質問が多くでていました(^^)

そんなこんなで、私も、他の皆さんもお化粧バッチリで向かう第2回目でした(笑)

メインはスイーツなので、メンバー写真は大きくは掲載されませんが、やはりドキドキしちゃいました!


また、今回はカメラマンさんがいらっしゃって下さったということで、スイーツの撮り方ポイント講座も開かれました♪
ほかのカメラマンさんからコツを教えて頂けるなんて、とてもラッキーな体験でした♥

次にプロジェクトメンバーで集まるのは、来月なのですが、それまでにまず各自1 件取材に行きます。

今後は取材後、記事を書いて提出、そしてスイーツジャーナリストの平岩さんの直し・アドバイスが入って、再提出。
2件目、3件目の取材はそのアドバイスを踏まえたうえで行うというスケジュール予定になっています。

取材先はすでに決まっているので、あとは取材に行って、撮影、そして書く!のみ!です!

その「のみ」が大変なのですが、今回はアドバイスを頂けるので、どーんと大船に乗った気持ちで挑みたいです(^^)

DSC_6281.jpg
スイーツプロジェクト用の名刺を観光協会より頂きました! 苺マーク♥

#江東スイーツプロジェクト 第1回

DSC_4638 2

今日は江東区観光協会のプロジェクト「江東スイーツプロジェクト」の第1回目でした!
このプロジェクトは、江東区内の甘いもの、美味しいものを発見し、それを区の魅力として紹介していくというコンセプトのもと立ち上げられたものです(^^)

具体的なプロジェクト内容は、来年1月下旬に江東区観光協会/サンケイリビング新聞社から発行される江東区のスイーツ冊子を作っていくこと!


今回、私はこのスイーツ冊子の取材•撮影•ライターを行う「江東スイーツ探検隊」として参加させて頂くことになりました♪

総合プロデューサーはスイーツジャーナリストでスイーツ情報サイト「幸せのケーキ共和国」主宰の平岩理緒さん!
平岩さんより、スイーツのお話だけでなく、スイーツライターとしての心構えも伺うことができるというなんとも贅沢なプロジェクトが「江東スイーツプロジェクト」なのです(^^)

美味しいものを食べると、皆に紹介したくなってしまうものですが、ただ「美味しい!」では、その美味しさがどのようなものなのか伝えることは出来ません(>_<)
それだと、紹介された人も興味をもつことは、なかなか難しいんじゃないのかな、と思います、、、
やっぱり紹介をしたい!というくらい魅力的なものは、その良さを存分に伝えられるようになりたいもの!

今回、その技術を平岩さんのプロデュースのもと、ちょっと身につけたいところです(^^)


江東スイーツプロジェクト 第2回目は1週間後!
第1回目の今日は、顔合わせや今後のスケジュールの確認などについてでしたが、次回は私を含めた「江東スイーツ探検隊」が\キャーキャー/盛り上がってしまいそうな内容が予定されています♪

今からわくわくしちゃっています(^^)


nin.jpg
任命書を頂きました! こういうの滅多に頂かないので、やる気が増します!

上毛町で撮った50の写真

th_DSC_7729.jpg
th_DSC_7734.jpg
th_DSC_7745.jpg
th_DSC_7752.jpg
th_DSC_7762.jpg
th_DSC_7782.jpg
th_DSC_7764.jpg
th_DSC_7773.jpg
th_DSC_7784.jpg
th_DSC_7802.jpg
th_DSC_7815.jpg
th_DSC_7826.jpg
th_DSC_7834.jpg
th_DSC_7836.jpg
th_DSC_7843.jpg
th_DSC_7847.jpg
th_DSC_7849.jpg
th_DSC_7861.jpg
th_DSC_7866.jpg
th_DSC_7874.jpg
th_DSC_7881.jpg
th_DSC_7882.jpg
th_DSC_7895.jpg
th_DSC_7905.jpg
th_DSC_7906.jpg
th_DSC_7914.jpg
th_DSC_7917.jpg
th_DSC_7920.jpg
th_DSC_7923.jpg
th_DSC_7925.jpg
th_DSC_7929.jpg
th_DSC_7937.jpg
th_DSC_7942.jpg
th_DSC_7946.jpg
th_DSC_7955.jpg
th_DSC_7967.jpg
th_DSC_7979.jpg
th_DSC_7987.jpg
th_DSC_7998.jpg
th_DSC_8006.jpg
th_DSC_8015.jpg
th_DSC_8027.jpg
th_DSC_8039.jpg
th_DSC_8063.jpg
th_DSC_8219.jpg
th_DSC_8237.jpg
th_IMG_0611.jpg







DSC_8044 のコピー
DSC_8046 のコピー
DSC_8049 のコピー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。